これも夫唱婦随なのかも

朝起きたら貧血を訴えたカミさん。急遽、仕事をキャンセルし車に乗せて私のかかっているK病院へ行った。

採血後にMRIを撮るはずが更衣室でフラついたため中止。その後に届いた血液像の検査の結果から、この時点のヘモグロビン値(Hb)が5を切っていた事になる。主治医のS先生をして「男性だったら危ない数値。女性でも心臓に相当負担が掛かってる」と言わしめた。確かにそのHbではかなりの出血がある事が窺えるのは、前社で抗凝固薬を担当していた経験から容易に推し測られた。

当然のように緊急入院、そして輸血開始。それから数日、合計10パックは超えただろうか、それでも出血が完全に止まったわけではないのでHbが思うように上がって来ない。その間に撮ったMRIによって子宮筋腫と子宮腺筋症の併発という診断が下った。そうなると治療法はHbの回復を待って原因である肥大した子宮を取り除くという選択が妥当となる。

入院から一週間後の28日。止血もなり、Hbも回復したので今年の病院最後のオペとなった。

約3時間の手術は無事に終わり、後は病院の年末年始休業後に再度Hbを確認して異常なければ晴れて退院となる運びとなった。ともあれ、原因を除去したのでこれ以降出血や貧血に悩む事もなくなったのは何よりだった。

・・・・・・・

そんなこんなでこの年末は想定外のドタバタとなった。もはや来月入院手術を予定していた私自身の事などこの際どうでも良い感じになり、いやむしろ夫婦揃って個室に入り入院手術をする上客なんだから、院長あたりから感謝状の一つも貰ったって良さそうなモンだなと。

仕事のある日は仕事を終えた後に必要なものを持って面会時間ギリギリで病院へ滑り込む。公休日は半日ほど付き添う事になるのだが、いずれにせよ夜は家で一人過ごす日々だった。

常々私は「夫婦が長く連れ添う秘訣は、お互いが空気のような関係となる事だ」と言って憚らなかった。

その心は「普段は空気という存在を意識することは少ないが、無くなったら死んでしまうかもしれない関係」である。若い時の好いた惚れたは所詮長続きしないのだから、お互いの存在を意識し過ぎない距離感が良い。だがお互いの存在が無くなれば途端に生命の存続さえ危ぶまれるという危機感は持っている。そんな関係がいい。

つくづく夜一人で家にいると、普段はさほど意識しない、いや居て当然だったカミさんがそこに居ない空間というものがどうにも違和感があって馴染めない。彼女がこんなに家を空けるのは初めての事だから余計にそう思えるのかもしれない。空気というのはやっぱり貴重な存在なのだった。

・・・・・・・

歳を重ねる毎に一日が一月が、そして一年が短くなって来る。それは今年一年もそうだった。ゆく年くる年で新年を迎えたのはついこの間だった気がしてならない。雑煮を食べながら箱根駅伝の前半を観て、次の日に初仕事となるスケジュールは今年も来年も一緒だし。

違いがあるとすれば、先月ついにジジイとなった事と、年が明けて誕生日が来ればそれが還暦となり、偶然その日が父親の七回忌法要の日である事と、今までは夏だったのに今回初の冬の入院手術がその次の日に待っている事である。

それにしても夫婦代わりばんこに年を跨いで入院手術とは。これがホントの天中殺なのか、ここに来てやっと夫唱婦随が形となったのか。よく分からんわ。





そう、これはオデキみたいなモンだ

先月の中旬、いつものように外来で定期検査。

今回は尿検査のみで採尿後の診断でも特に血尿も異常も認められず一安心。これで術後丸2年以上に渡って問題はない。もちろん自覚症状も一切なく、むしろ正常な頃の膀胱機能以上で、主治医のT先生にも「これなら逃げ切りでしょうかね」などと軽口も叩けるくらい順調だった。

その培養尿細胞診の結果が2週間後の外来で告げられたのだ。

ここで予期しなかった事に、ClassⅣの細胞塊が認められたと告げられた。これはがん細胞確定とは言えないまでも疑いは濃厚という所見である。瞬間、術後のBCG膀注療法の合併症であるキツい膀胱痛や排尿痛に悩まされつつ耐えた日々が脳裏をかすめ、そんな思いをしてもわずか2年で再発を来した事に大いに凹んだのだった。

さらに今日は膀胱内視鏡検査。

すでに三たび闘う覚悟は決めていたのでT先生に「先生、もし腫瘍が見えたらモニターを見せて下さい。これから闘う敵を見ておきたいので」と言った。ところが見せられたモニターには腫瘍の塊などは写っておらず、示された狭い範囲にポツポツと赤い点々が見受けられた程度だった。本当にこれが再発像なのかと目を疑ったが、先日の尿細胞の培養結果と併せて考えれば、やはり切っておいた方が良いだろうとのT先生の判断に従う事とした。先生は「ま、慌ててやる必要はないけど」と付け加えた。

それでもやるならとっととやってしまおうと「では先生、新年初オペといきますか?」と投げかけたが、初オペの日は既に先約があった。残念! という事で21日の誕生日=還暦の日が父の七回忌法要の日なので、その後の火曜日の手術にした。何のことはない、還暦後最初の一大イベントが入院手術となったのだ。

だが今回は尿細胞診の結果を踏まえた内視鏡所見から導き出されたワケで、自覚症状が出てから受診したそれ以前とは比べものならないくらい超早期発見と言える。それゆえ手術も術後もかなり軽く済むだろう。ただし術後のBCG膀注療法は、止むなく実施したとしても合併症状が出たら即中止にするつもりだ。極端な話、あの合併症に悩まされて2年での再発なら、何もせずに1年毎に再発して手術を受ける方が遥かに楽だからである。

まあ、カミさん曰く「限局部位の腫瘍なんてオデキのようなモンだから、見つかったら切って行けばいいのよ」の精神で臨むのが正解なんだろう。なんだかそんな気がして来た。確かにがんと言ってもこれくらいじゃ死ぬこたぁないわな。





ジジイになった日

今日も今日とて仕事が終わり、もしやと思ってスマホを覗く。そこにカミさんからのLINEが。

「さきほど生まれました。男の子だそうです」

この瞬間、覚悟はしていたものの実感など程遠い「ジジイ」なるものに私はなった。生化学専攻の身から申せば、DNAを介して見事に我が血筋はさらなる世代へと繋がったという事である。

幸か不幸か、息子夫婦の居所は横浜のはずれ、産院もその地元というから面会時間の関係上すぐに駆け付けるわけにもいかない。まあ明日か明後日あたりにカミさんは見に行くだろうが、私は明後日の土曜の公休日は名古屋でイベントがセッティングされているため動けず。

しかしながら、この時代ならではでさっそく写メが送られて来たので、その顔を見ると何と生まれた時の息子に濃いめの髪の毛といい、口周りの様子といい、まさにクリソツではないか! こりゃ間違いなく息子の子供だと確信させられたわ。

初産らしく予定日の18日を軽々と超え、やっと陣痛らしきものが出始めたため入院したのが昨晩だから、丸々24時間陣痛と闘い分娩に至った事になる。楽に生んでしまうよりもこのくらいシンドイ思いをした方が印象深いだろうと、子供を産んだ事のない外野のジジイは勝手にほざくのだった。

だが、粘ったせいか体重は3480gに達していたから、昔だったら健康優良児候補だろう。このままお宮参りの頃を迎えたら、とても抱っこ出来ないかも、とはカミさんの言。

そのお宮参りも慣例に則って来月にも敢行するらしいが、何もそんな寒い時にやるこたぁないだろと私はグチるが奴らの耳にゃ届いちゃいまい。オマケに好きな鎌倉で食事を兼ねてやるようで、とすれば神社は鶴岡八幡宮か? 休日の鎌倉なんてホイホイ行くモンじゃなかろうにと私はグチるが奴らの耳にゃ届いちゃいまい。

ともかく、人生に二度はない初孫誕生とジジイ記念に家の小さなワインセラーに眠っていたボルドーの赤で祝杯をあげようと思う。アルコールの類はもう5年近く飲んでいないが、まあ今夜は特別という事で。





談志まつり

過去に末広亭や鈴本演芸場などの寄席には何度か足を運んだが、大型のホールでの落語会は初めてだった。それでも出掛けてみようと思い立ったのは「立川談志七回忌 談志まつり」の開催を知ったからだった。

よく分からぬままにネットで検索、21日夜の部に空席がありチケットを取ったものの、やはり人気イベントで二階席の最後部から数列前という、寄席での演者からよりもはるかに遠い距離となった。オペラグラスでもなければ演者の細かい表情が窺えないが、音響は問題なく声はハッキリクッキリ聞こえるからまあいいか。

会場のよみうりホールは、10年前の12月に「落語の神様が降りてきて演らせてくれた噺だったかもしれない」と談志本人に言わしめた、伝説の「芝浜」が演じられた場所だから、彼を偲ぶにはこれ以上の場所はないだろう。時も場所もドンピシャで、否が応でも期待は膨らむってなモンである。

ワクワクドキドキ!

・・・・・・・

さて今夜の出演者は、落語では立川小談志、志遊、雲水、談春、談之助、そして一番弟子の土橋亭里う馬。ゲストにコミカルソングのテツandトモ。仲入り後に一門の口上挨拶もある。

それぞれの持ち時間は15分〜20分なのでたっぷりというわけではないが、それでもそれぞれの演者の個性が出ていて楽しめた。

中でも図抜けた話術に感嘆させられたのはやっぱり談春。演目は「白井権八」の一部だったが、目の前にその情景がクッキリと見えた。声色はともかく、その語り口のテンポの良さはそっくり談志譲りで、2008年の談志との親子会(DVDで鑑賞)から確実に進化したように感じた。さすがである。

さらに驚かされたのはテツandトモだった。私は好きな芸風だったが、近年、テレビ出演から遠ざかっていたのでてっきり「なんでかな〜」の一発屋で終わってしまったのかと勘ぐっていたのだが、これが大間違い!

ギターを抱えた青ジャージのトモが、まるで生き写しかとも思える談志のモノマネを披露すれば、赤ジャージのテツは舌足らずまでソックリな安倍首相を演じ、そのキャラのままで談志のエピソードを交えながらコントを演じていく。談志が作った詞に曲をつけて歌ったり。これがまた上手い。その芸域の広さとレベルの高さに文字通り刮目させられた。そして確信した。彼らはテレビから排除されたのではなく、進化のために自ら遠ざかったのだと。

落語のマクラやネタに談志のトンデモエピソードやワイドショーコメンテーターとなった志らくを茶化したり、テレビじゃ言えない事も語ってしまうOFF-TVの面白さも堪能した。期待通りのいい時間を過ごさせてもらった。

・・・・・・・

談志が亡くなったのが2011年11月21日で今年七回忌、私の父親が亡くなったのが2012年2月9日。年が開け、私の還暦の誕生日に少し早めの七回忌法要が予定されている。お気に入りだった落語家の回忌興行をたまたま知って観に行こうと決めた事といい、これも何かの縁なのかもしれないな。






Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-