FC2ブログ

ドンピシャ!

久々の悪魔の時間帯に見舞われて土日を過ごし、月曜日を待ってほうほうの体でタクシーに乗りペインクリニック外来へ前倒し受診。

私の公休日の関係で、初診のO先生から再診はK先生へと替わるのは承知していたが、K先生もさすが痛みの専門家で、私の訴える痛みの履歴や現状について共感を持って聞いて頂けた。

結論としては、デパスから別の薬剤にスイッチして様子を見て1週間後に外来を受診する。痛みが治まらない場合は神経ブロックを実施するという方針だった。

K先生の処方薬が何だかは院外処方箋の印字が細かくて見えなかったが、受診後に確認したら何とトラムセット‼️

この薬は2年前にBCG膀注療法による強い痛みに悩まされていた時、それまでのボルタレン座薬やロキソニンなどのNSAIDsでは十分な効果が得られなかったため、トラムセットの存在を独自に調べて、たまたま主治医のT先生の外来日以外の日だったので別の先生に処方してもらった事があった。しかしその効果もイマイチだったので、もしこの時処方箋の字が見えていたら別の薬剤をリクエストしていたかもしれない。

だがもはや処方されてしまったので、近所の調剤薬局で薬をもらい取り敢えず飲み始めた。ところがこれがあにはからんや、最初の服用2時間後までに痛みが和らぎ、それから6時間後の2回目服用後の夜は朝まで痛みが出なかったのだった。

トラムセットがドンピシャ‼️

翌朝も服薬後1時間少々で痛みが薄らぎ、30分遅れながらも5日ぶりに出勤出来た。仕事中はさすがに鈍痛が続いた時間帯もあったが耐えられないものではなく、それよりも強い痛みが出る事は無かった。

これは嬉しかった。あの痛みの苦しさが和らいだ事に涙が出るほど嬉しかった。

その後1日3回の服用を続けているが、K先生が処方日数を1日間違えたようで次の受診日まで3錠足りない計算になり、今日の公休日は1日1錠に節約せざるを得ない事態となってしまった。まあ、公休日はほとんど安静にしているから、痛みさえ出なけりゃそれでいい。

トラムセットは非麻薬性のオピオイド系鎮痛薬トラマドールとアセトアミノフェンの合剤で、NSAIDs系よりも鎮痛作用が強力な代わりに眠気や吐気などの副作用も出やすいのだが、私に限ってはそのどちらも出ていない。これは2年前に飲んだ時も同じで、痛みに弱い私のせめてもの強みなのかもしれない。

器質的な要因はほぼ無いにも関わらず強い痛みが出るのはまるで「ジジイの神経痛」なのだが、このまま気候も暖かくなれば気圧や気温の変化による影響もなくなり、また去年の春〜秋までのように平穏な日々が戻るだろう。その日が来るのを楽しみにしたい。

そんな事を目論んでいると、忘れかけていたがん細胞が目を覚ましたりするかもしれないんだよね、これが。

まあ人生、そうそう甘くはないよな。


またも悪魔の時間帯

半信半疑ながらもペインクリニックで処方されたデパスと牛車腎気丸の服用を始めた次の日は、仕事中に強い痛みもほぼ無くて、これは意外に効くのかもしれないなどと期待を抱いた。

それが淡い期待だったと思い知らされたのは、痛みのために延期していた免許証の更新にいつに無く寒いこの日に鮫洲試験場へ出掛けた時だった。

かつて二度ほど網膜剥離の手術を受けた右眼は矯正視力があまり出ないため、通常は左眼か両眼の視力検査に加えて視野検査を受けている。いつもなら問題なく終わるのに、この日の係員は何故かやたら厳格そうに結果にダメ出しをし、1時間眼を休めて再検査をすると言い出した。

おいおい、ただでさえ前歴1回で2時間も教習を受けなくちゃならない身、オマケに股間に痛みも抱えている身にそんな悠長な時間は無いぞと近くで立ったまま逡巡していたら、別の係員が声を掛けて来た。事情を話したらすぐ再検査をして無事合格。そりゃそうだろ、ゆっくり動かしてくれさえすれば見失うわけないのだから。

教員に訳を話してドアの近くに席を取り、狭い椅子に半ケツ座りで痛みを我慢しつつ何とか講義時間をやり過ごし、ようやく新免許証を手にして、これまた半ケツ座りで慎重に運転して帰宅したのだった。

・・・・・・・

ところが悲劇はその夜起こった。

かつて定義した痛みのレベル、
Level 1 : 排尿時痛のみ
Level 2 : 断続的な鈍痛または針刺し痛
Level 3 : 強い鈍痛+針刺し痛
Level 4 : 悪魔の時間帯(強い針刺痛の連続)
このところは仕事中でも悪くてもLevel 3止まりだったのに、何としばらく忘れていたLevel 4の悪魔の時間帯が夜半から不意に訪れたのだ‼️

断続的に襲われる強烈な膀胱の針刺痛。こうなるともはや横になる事も眠る事も叶わず、ただひたすらテーブルに突っ伏して痛みが過ぎ去るまで夜を徹して耐え続けるしかない。その間、20〜30分おきに少し尿が溜まって来ると別の痛みが出てそれを知らせるからトイレへ急ぐ。

運が良ければ途中で少し寝落ち出来るか、明け方以降に痛みが和らげば横になる事もできる事もあるが、この日は夜が明けようがダメだった。定期的なトイレとひたすら痛みに耐えて朝を迎え、さらにそれは日中も続き、遂には一度延期して貰った大学時代のクラブメンバーの会合へもドタキャンせざるを得なくなってしまったのだった。

こんな事態が来るのだったら、せめて前日に免許更新に行っておいて正解だったと思うのがせいぜい。今日からまたこの眠れない日々とどう闘っていくのか、ロクに戦力として貢献出来ていない仕事をまたまた休まざるを得ない。もちろん痛みが和らいだタイミングでペインクリニックを前倒し再診するつもりではあるけど、次の一手は期待に応えられる効果を示せるのか。

いずれにしても悪魔の時間帯の二日目がもうすぐやって来る。もう何度こんな日を迎えた事か。泣きたくなって来るわ。





覚悟を決めてペインクリニック

ボルタレン座薬、ロキソニンそしてカロナール。過去にトライしたトラムセットも含めて、経口鎮痛薬は残念ながら長引く強い膀胱痛に対してことごとく十分な効果は示さなかった。

痛みの発症には気圧の変化や気温の変化も少なからず影響があるだろうが、今はまだ低温日もあれば低気圧も来る冬季なので、自然回復にはしばらくかかると思われるので、ここで何とか次の一手を打たなくてはならないと切実に思った次第。

そして遂に今日、意を決してペインクリニックのある病院がちょうど外来日だったので仕事を休んで受診する事にした。でも今日はウチの店の新装開店後に初めて社長が訪店する日だという。私もヒキが良いんだか悪いんだか。

ペインクリニックの医師と言えば麻酔科医で鎮痛の専門家。この期に及んでこの痛みを鎮められるのなら本格的な神経ブロックも厭わない覚悟だった。もちろん今朝も持続的な痛みがあって運転は出来ないからタクシーを呼んだ。

主治医から紹介状はもらっていなかったのでまっさらな初診の手続きをして外来へと案内された。ここでも痛みのため座れず、立ったまま書類に記入しつつ順番を待つ。隣の耳鼻科は結構な患者が待っていたが、ペインクリニック外来は2〜3人程度だったのですぐに名前を呼ばれた。

予め調べていた通り、部長のO先生は必死にこれまでの経緯や痛みの状態を訴える私に穏やかに共感の言葉を言ってくれて、痛みにさほど関心を示さないT先生に比べてさすが痛みの専門家だと感心した。

「実は上下腹神経叢ブロックも覚悟して来ました」と言う私に、O先生が取った処置は経口薬物療法だった。まあ、最初から神経ブロックにはいかないだろうなと予測はしていたが、出された処方薬がデパスと牛車腎気丸だったのはいささか拍子抜けだった。せめてオピオイド系鎮痛薬くらい出しても良さそうなのものだが、よりによってデパスとは! でもそれがこの先生のセオリーなんだろうな、「まずは2週間飲んでみて下さい」と言われて頷かずにはいられなかった。

デパスが出されると言うことは、私のこの膀胱痛は器質的なものよりは多分に精神的な素因が影響していると言っているのと同様だ。とはいえ、これまでの長く辛い痛みがデパスごときで治まるとは私自身とても信じられなかったのも事実だ。

ともあれ、取り敢えず処方薬を2週間服用して再診となる。私の公休日の関係で次回は副部長のK先生に替わるが、カルテに「必要に応じブロック施行」と記載してもらったから、その時の状況次第で選択されるかもしれない。

ペインクリニックの門を叩いたのも初めてだし、神経ブロックは五十肩の時に軽いものを施行した程度。背中にしっかり針を通すような本格的なブロックは経験がない。だけど、この長い日々悩まされ続けた痛みから解放されるなら、いくら注射が嫌いな私でもそれを回避する理由はないだろう。

抗うつ薬を扱っていた前社時代に、長期投与による依存症のリスクであれほど敵視したデパスを自ら服用する事になるとは思いもしなかった。それでなくても添付文書上の効能・効果のほとんどに精神疾患に伴なう睡眠障害と記載されていて、鎮痛に関する明確な記載はない薬剤なのだから。

さて、そんなデパスがどこまでこの痛みに効果があるのかを確かめるためには、まずは騙されたと思って飲んでみるしかなかろう。なんだかんだ言っても、こう見えて私の服薬アドヒアランスは過去から現在までもほぼ100%なのだから。




原病の方は良いものの

さて、いたずらに長引く膀胱炎の痛みにはさらに苦しめ続けられている。

振り返れば、職場に出られた最終日は今週の月曜日。それ以降火曜は公休日、水曜と木曜の二日間は休み、金曜と土曜は公休日と有休(但し土曜は大学のクラブ関係の集まりだったがモチ延期)と、とうとう来週からの改装工事直前まで来てしまった。

しかもここ数日は痛みが夜に出たり、昼に出た痛みが夜も続いたりで、リビングのテーブルにクッションや枕を積んでソファに跪いて突っ伏して悶々と耐えている。しかも30〜40分に一度は少し溜まった尿による痛みが出るからトイレに行かざるを得ない。

ソファに尻をつけて座ったり、横になっりすれば痛みが走るからそれは叶わず、よってまともに眠れない。ソファに跪きテーブルに突っ伏した姿勢のままトイレを知らせる痛みが出て来る時までの束の間、寝落ちする事もあるがほぼオーバーナイトで朝を迎えるから寝不足も甚だしい。跪いている膝頭も痛くなって来るから時折ソファから足を下ろして立ったりしなくてはならない。

水曜日には抗菌薬の追加処方を得るため、主治医が休診日なので近医(それも耳鼻科!)に頼み込んだ。にも関わらず、痛みの出はさほど変化はなかった。

・・・・・・・

主治医診察日の金曜日も前夜からの夜通しの痛みで眠れぬ朝を迎えていた。だが、この日は朝の時間帯から不思議と痛みが引っ込み、午後からの診察に病院まで行く事が出来たのだから、我が身ながらよく分からない。

そこで聞いた尿細胞診の結果は何とclassⅢ‼️

検査入院までして探したclassⅤは、その時サンプリングした組織にも無かったし、仕切り直しのはずの今回の尿細胞診でも確認されなかったのだ。

膀胱炎が免疫を惹起して悪性細胞を叩いているという例の勝手な理屈がもしかしたら実践されているのかもしれないが。まあ、今後も月一で追跡検査は続くが、これがこの長引く膀胱炎の痛みに耐えで来た代償としたら決して悪くはない。いや、それくらいのご褒美があったって決してバチは当たらんだろ。

で、その診察の時にも抗菌薬の追加処方に加え、カロナール500mg錠も処方してもらった。カロナールはニューキノロン系抗菌薬と併用可能な鎮痛薬だが、これまではどうにも痛い時は併用注意も無視して坐薬や経口のNSAIDsを使っていたが、今回はカロナールの高用量を試してみようかと。

診察を終えて院外薬局で薬をもらって帰宅。ところが帰宅したらまた痛みが復活し始めたから堪らない。それから夜を通して痛みが続いたモンだから今日のお昼過ぎまでまたも眠れぬ時間を過ごさざるを得なかった。

・・・・・・・

今、正午を過ぎて痛みが治まりかけて来た。全くもってこの痛みの出方は理解不能だ。このスキにこのまま横になれれば睡眠時間を少しは取り戻せるのだが、うかつに横になると痛みが出始めるから安心出来ない。果たしてジクジクとはして来たものの、痛みの強さはそれほどでもないから、今のうちに寝ておこう。ま、またすぐに痛みでトイレに起こされるだろうけど。




Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger