スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

己はともかく国は誰が救うか

お盆週間という事もあってか、今週に入ったら一気に休みを取る人が増えた。フロアは図書館みたいに静かだし、電話もほとんど掛かって来ない。私以外にも取り立てて帰るべき田舎を持たない連中は、これ幸いといつもよりノンビリ会社暮らしを決め込んでいたりする。

もとより研修ツアー終了直後とあって農閑期状態。仕事らしい仕事と言えば、来週から神戸で始まる異動者と中途入社者への4日間の製品研修の準備くらいである。準備と言っても研修スライドのリバイスがほとんどで、せいぜい自分の担当パートをさらっておけば良いから、何も週の頭から慌てて取り掛かるまでもなかろう。要するにいつもよりヒマなのだ。

それでも日を追うごとに営業部隊からの電話問い合わせや質問メールなどがチラホラ入って来たり、出勤しているメンバーが少ないため、担当以外の製品の問い合わせ電話を回されたりするようになった。

で、週半ばからリバイス作業やら質問対応やらで仕事の加速がついて来たため、今年最高に暑かった木曜の晩に同僚とビール(当然、それだけじゃなかったけど)を飲みに居酒屋へ。返す刀で金曜日は自主休日にした。

土曜の朝イチに予定していた人間ドックのフォロー検診。検査値も下がって来たようだし、主治医からも調子に乗らなきゃこのライフスタイルでOKとの言質も得られた。

「先生、こうして過去からの数値を眺めてみますと、取り敢えず2年前あたりの数値に戻せば良さそうですねぇ」
「でもね、その時と今とじゃ唯一違う点があるんですよ」
「?」
「その時からあなたが2年歳を取ったという事です。それは簡単には戻り難い状態にもなっているという事です」

・・・・・・・

ポスト菅を決める民主党代表選候補者の話題がかまびすしい。

立候補を表明しているメンバーの中では、現在までは野田佳彦財務省(54)が最有力とされている。だが彼は自民党ら野党との大連立賛成派であり、財務省の傀儡とも言われる大増税推進派である。彼の人柄うんぬんよりもこの点が納得いかないのである。

そもそも財政破たん回避のための増税論は自民党政権時代から俎上に上がっているものの、政権交代を主張していた民主党は、歳出のムダを削げば財源は十分あると断言していたではないか! さらに議員定数削減などでまずは身内から痛みを伴なう改革を行なうのが先決で、増税論議はその後だと言っていたではないか!

増税推進は権益を拡大したい財務省の狙いそのものである。十分な歳出削減と議論なくして増税ありきとはマニフェスト反故、宗旨替えも甚だしい。これでは財務省に洗脳された増税原理主義者と言われても仕方あるまい。

いくら党内支持が集まって来ているとはいえ、もはや年齢的に賞味期限の過ぎた鹿野道彦農林水産相(69)やどうしても経験不足が否めない馬淵澄夫前国土交通相(50)は、その風貌はともかくとして、仮にも一国のトップリーダーとして必要な度量が見えて来ない。

度量不足の最たる人物は、野末陳平氏の元秘書で「泣いた赤鬼」こと海江田万里経済産業相(62)だろう。こちらは経産省の既定路線でしかないナンチャッテ更迭人事を声高に発表するわ、仕事の場だというのに人前で泣いてしまうわでは、一国の首相なんて到底ムリな話である。樽床伸二元国対委員長(52)、小沢鋭仁元環境相(57)らはほぼ泡沫候補と言っていい。

今回は回避すると目されている大本命の前原誠司前外相(49)は、仙石氏と共に反米親中(韓)国の売国奴とも揶揄されているし、数年前の故・永田議員の偽メール事件で状況判断力に大いに疑問符が付いた事を忘れてはいけない。

さらに問題なのは、これらの候補者が主義主張を無視してそそくさと小沢詣で、鳩山詣でをやってる事である。

そこではあろう事か、党執行部で決定されたはずの小沢一郎氏の党員資格停止の撤回を進言しているではないか! 結局は小沢&鳩山グループの票如何で代表が決まってしまうのなら、それは自民党の旧態然とした派閥の論理と何ら変わらないという事じゃないか!

誰が民主党代表、すなわち日本国総理大臣になろうとも、その前にはざっと挙げるだけでも震災復興、原発事故処理、円高対策、経済振興、そして領土問題を含む外交政策などの問題・課題が山積なのだ。解は決して単純ではなく容易でもない。候補者にその覚悟はあるか。本物の救国政治家の自覚があるか。

こんな世の中、国と国民のためだけに純粋に命を懸けるような政治家なぞもはや望むべくもないのは承知の上だが、それでもこの状況で敢えて手を挙げようとするならば、全身全霊で覚悟の声を発するべきだ。万一道半ばで死んだとしても、そういう政治家ならば国民はきちんと認めるだろうよ。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。