スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命共同体

自宅待機が解けたため、今朝から出社。さりとて心配された問い合わせの電話やメールは一切来ない。

自宅待機も終わってみれば、ほんの3日間オフィスを留守にしたという事で、全国研修ツアーの時には1週間も10日間も留守にするのを考えれば、特段どうって事もなかったというのが現状である。

しばらくして被災社員への支援物資提供依頼のメール。

明日の夜、大型バスに積み込んで仙台に向けて出発するそうなので、その前に本社社員から提供できる物資(主に食料や日用品など)を受け付けるというものだった。すでに今朝から提供物資を手に手に出社してくる社員がいた。中には有名ブランドGのチョコレートもあったというからウチの社員はセレブリティだ。

現地へ向かうメンバーの再募集はまだのようだが、募集があればもちろん志願しようと思っている。

・・・ところが。

仙台に詳しい会社の同僚NやTさんによると、現地の状況はちょっと違うようなのだ。確かに電気、ガス、水道がエリアによって復旧したりまだだったりしているが、決して悲観的な状況ではないらしい。ブログなどでも、少なくとも仙台市中心部で食料品が足りないという事はなく、圧倒的に足りないのはガソリンと灯油なのだそうだ。

仙台市内は津波の被害はないから、被害のほとんどは地震による家屋とインフラ被害だろう。仮にも東北一の都市なのだから復旧も早いと想像される。社員全員の無事はすでに確認されている。

この状況で、社員から提供された援助物資を大型バスを仕立ててまで運び届ける意義がどこまであるのだろうかという疑問が湧いた。まさかバスに大量のガソリンや灯油を載せて行くわけにもいかない。ホントのところはどうなってんだ?

で、先ほど現地社員と(こっそり)連絡を取ったNさん。

それによれば、仙台市中心部は電気は概ね復旧しているようで、ガス、水道はまだ。食料事情は外食も可能で、缶詰くらいはあっても困らないが、非常食はカンベンと言えるほどの余裕はある様子。よって今欲しいものは燃料と水、と言っても飲料水よりむしろ風呂用の水、それに乾電池だそうだ。

というワケで、食料中心の物資運搬のためのバス仕立てには、現地のニーズとかけ離れているので「?」である。

ただ、確認は取れていないが、今回の運搬プロジェクトにはもう一つの目的があると聞いている。

それは現地からの避難も含め、移動できない社員やその家族の運搬である。それならば大型バスも必要だろう。だとすれば、こちらからは体力の十分ある最小限のメンバーで行き、向こうからは出来るだけ大勢の人間を乗せて帰って来る事が求められる。となれば、もはや私みたいな年代が志願しても弾かれるだろうけど。

願わくば、この2つの目的を明確にして任務に臨んでくだされ。何より被災者は、自分達は仲間から支援されているという事が何より嬉しいはずだから。オレたちは確かに繋がってるぞ!

行けヤマトよ、イスカンダルへ!

・・・・・・・

春まだ遠きを感じさせる寒さのせいか、ついに電気消費量がオーバー気味になっているという。このままでは今夕から突然の大規模停電に陥る可能性が出て来たと、会社の館内放送が伝えた。よって今日は16:00過ぎで全員退社。

大規模停電も大変だが、原発事故処理の行方が気になる。処理作業の難しさは素人の私にもひしひしと伝わってくるから、さぞや必死で頑張っているのだろう。

彼らにも家族がある、被災者でもあるなどという論調も見受けられる。人として同情もするが敢えて言う。非情なようだが事故処理はそれを作り運営した会社の社員である彼らの「仕事」である。自衛隊、消防、警察は危険から国民を守る事が彼らの「任務」である。そして安全神話で原発を許可した国には厳然たる「責任」が存在する。

大きな危機に対するには「個」を殺して「公」に徹する覚悟が必要だ。それがイヤなら職を辞するしかない。だから彼らが非難されるいわれなどはない。スキあらば責任転嫁しているようにも見える上層部は別にして。この日が来るまでは、きっと誰もが良かれと思ってやって来た事なのだろうから。原発からは我々も十分過ぎる恩恵を受けて来たのは確かだ。

いたずらに慌てず騒がず冷静に、彼らの必死の努力を見つめて行こうじゃないか。もはや我々は彼らと運命共同体なのだ。私はそう覚悟している。





関連記事

COMMENT

今回の事故をクライシスかそうでないか、両面の見方が出来ると思います。風評被害に苦しむ福島県は払拭したいだろうし、いたずらに騒ぐのは慎むべきでしょう。
でも、たとえ今は影響が少ないとしても、こればかりは今後の展開次第でしょうね。覚悟はしております。

こんなんもあるよ

http://clip.kwmr.info/post/3896045912

そして、
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5668?page=6



「英数字の比率が大きすぎるためスパムと判定されました。」になっちゃったから、以下、無意味な日本語入れます ^^;

qうぇrちゅいfgvjふゅびぬじょえrんじょ;hフェfyぎうぶうぼいうりううえcgvゆえぎうyう゛sgckjhgvgvcえgy

東京とてまだ油断はできませんが・・・。
みんカラのブログでこんなエントリを見つけました。私もうすうす感じてましたが、これでニュース番組の解説を冷静に聞けそうです。

http://minkara.carview.co.jp/userid/386889/blog/21801287/

一蓮托生。

子等だけは守りたいケドね。。

ただ、誤解を恐れずに言うならば、首都圏に被害の及ばない地に作った、ということを、申し訳なさと共に、懺悔と共に、確認してる自分が、いる。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。