これは袋小路に続く岐路なのか

「不肖の身であるが出馬の決意をした」と民主党代表選に出馬表明をした小沢一郎氏。

政治とカネの問題で「責任を痛感した」と、幹事長を辞して3ヶ月も経っていない上に、未だ国会での説明は一度も行われておらず、検察審査会の二度目の議決次第では強制起訴される可能性すらある人物である。だが首相になれば、事実上訴追が無くなる事が出馬動機の一つという指摘もある。このまま菅首相の無投票再選を容認すれば、党内で孤立しかねないため、窮余の決断に至ったとも見られている。

「小沢氏は問題を背負いながらも国のため命を賭けると決断をした」とそれを持ち上げた鳩山由紀夫氏。

後任として自ら支持した菅氏だったはずが、「脱小沢」見直しが拒まれると一転して小沢氏支持に変わった。小沢氏と共に「互いに責めを果たす」と辞任し、首相退陣だけでなく今期限りの議員引退まで表明しながら、事もあろうに、この代表選で小沢氏を支持する事が「大義だ」とまでのたまったのである。やっぱりこの人物は理解不能だ。

一方で2ヶ月以上に渡る政治空白を作っている菅直人首相の責任も重大だ。「脱小沢」を打ち出し、世論の支持を得たまではいいが、そもそも官僚の口車に乗せられて消費税増税を打ち出して大敗北した参院選のケジメもつけようとしない。その後も政権を立て直す方向性すら示さなかった。示したのは日韓併合をめぐる「菅談話」などという実に愚かな声明だった。最近の円高や株安などへの対応一つとっても、菅内閣の動きは鈍い。

今さらキレイ事など言うつもりは無いが…。

目的が立派なら敢えて手段は問わない。その政治手法が旧態依然としたものであろうが、政治家自身の手が汚れていようが、彼の経験と剛腕に政界再編を含めた難局打開を託す事が優先されるべきか?
 
この国にクリーンで分かりやすい政治を定着させる事を重視する。しかしながらその原点を忘れた政治家がいる。いつしか官僚依存・増税・対米追随の自民党政治に回帰するリスクは甘んじて受けるべきか?

いずれにせよ、政権交代に一票を投じた有権者やそれを歓迎した多くの国民は、もしかしたら日本国が袋小路に導かれるかもしれない大変な岐路が示されている事に気付くべきである。

・・・・・・・

AとS、2つの専門営業部隊のメンバー約80名は、具体的な内容を知らされずに研修という名目で25日、成田のホテルに集められた。その全体会議の場で2つ営業部隊の統合が正式に発表された。もちろんそれは事実上周知の事だったのだが。

専門営業部隊Sのメンバーのうち3割ほどが新会社へ移るという。残ると表明していたはずの部長職のMが直前になって新会社へ移る事が判明し、その前後で彼の態度が見事なまでに豹変した事がメンバー達の失望と怒りを買ったというハプニングもあったらしい。

一方、専門営業部隊Aでは、部門長のYさんが就任わずか半年足らずで別の部門に異動する。また、本社に在籍していた推進マネジャー達は、I君を残してエリアマネジャーとしてそれぞれ全国に散る。

いずれにせよ、わずか2日前に電話で異動を聞かされたメンバー達は、一様にモチベーション低下気味だったのは無理からぬ事だろう。

そしてそれぞれ相手の領域の製品研修が始まったのである。私はAの製品をSに行なうトレーナーとして、パートナーのI子と共に参加した。Sには旧知のメンバーが多く、さながら同窓会のようでもあった。

今後、新組織の営業部隊のメンバーは来年1月までに100名まで増員されるらしい。すでに10月までに3名程度の中途入社が決まっているという。とすると、11月~1月に残りの約20名が五月雨式に入社して来る計算になる。という事は、その分3日間研修の回数が増えて来るという恐るべき事実に、今後の私は翻弄されるのだろう。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-