ああ、困ったチャン

3日間の製品研修に加え、説明会スキルアセスメントのための1日延泊で、成田滞在は都合4日間となった。今回の受講者は中途入社社員組2名と社内コンバート組9名の11名だ。

そもそも、このホテルに1ヶ月も滞在して研修を受けている中途入社社員は50名以上いる。そのうち私の製品の営業を担当するのが2名いて、さらにそのうちの1名は専門営業部隊配属が決まっている。専門営業部隊というのは、今のところこの製品だけを担当する、いわばエキスパートの営業部隊である。

そのS君は、近々入籍を控えているというギリギリ30代だ。実は以前ウチの会社にいて一度他社に転職して再び入社してきた変わりダネなのだが、最近このパターンは少なくない。よほどウチの会社が魅力的なのか、それともそんな出戻り入社を許すほどオメデタイ会社なのか。

ともかくS君本人は営業経験も十分あり、再入社の際に給料アップもゲットした鳴り物入りの人材だそうで、それゆえ高度な知識とスキルが要求される専門営業部隊へ配属されたらしい。この製品だけのための研修日数を3日も設けているのもS君を専門営業部隊に早急にキャッチアップさせるためと言っても過言ではないのである。

さて、3日間の研修はI子、Iさんとトレーナーは順調にリレーし、最後に私が担当して無事進行した。その間、S君からもいろいろと質問があったりと、特に問題なく終了したと思われ、本日の説明会スキルアセスメントに辿り着いたのだった。アセスを受けるのはS君を入れて3名。内容はスライドを使った15分程度のプレゼンである。

トップバッターはS君に決まった。

他の製品説明会の経験も豊富であろうS君のはずだが、何をどうしたのか全く冴えない。データ説明では明らかに誤った説明をするわ、説明の後のメッセージも出ないわ、スライドの構成に一貫性がないわ、最後のクロージングも無いわで散々の出来だった。ハッキリ言って新人以下のレベルである。

正直呆れるばかりだったのだが、呆れてばかりもいられない。フィードバックで修正してあげようと思い直し、データ説明から再演させた。ところがこれが出来ない。データの意味を正しく理解していないのである。それを一枚ずつおさらいしつつ、確認の意味でいくつか基本的な質問もしてみた。

ところがところが、これにも一つとしてきちんと回答できないのである。ふた言目には「実はそれ、よくわからないんですよ~」と来る。他の2名を見やると彼らもまどろっこしい顔をするわ、苦笑いをするわで我々と同じ思いなのが明らかだった。

おいおいおいおい!

私の長い研修経験でも、こんな低レベルの受講者は初めてと言っていい。このままでは専門営業部隊どころか他の領域の営業部隊のどこも務まらないだろう。ましてやこのアセスメントで合格点を取らなければ卒業できないルールだ。卒業できないという事は現場に赴任できないという事だ。採点担当の同僚Sも頭を抱えてしまった。

もともと理解力がプアなのか、それとも今までの営業経験からナメてかかっていたのか。

S君のキャラは明るく積極的なのは見て取れるが、それだけで通用したのはひと昔もふた昔も前の事である。今はユーザーにとって価値ある存在の者しか認めてもらえない時代である。価値ある存在とは、相手のニーズに即した情報をタイムリーに提供してくれる営業部員という事で、それはすなわち豊富な学術知識が大前提である事に他ならない。ましてや彼は専門営業部隊なのだから、それは生命線だ。

同僚Sは、彼を採用し彼の上司となる推進部長のYさんに相談したいと言うが、それ以上に今後どうサルベージするかという事が重要だ。適応拡大を控え、一人でもマンパワーが欲しいこの時期、黙ってドロップアウトさせるワケにも行くまい。さりとてこのまま現役の専門営業部隊に合流させても、彼らから浮いてしまうだけだろう。

ああ、困ったチャン…。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ