プレトリアの死闘

PK戦というのは運の勝負で、いわばクジ引き合戦のようなものだ。だからPK戦に突入したら、それはもはや「試合」の範疇にはないと思っている。あるのは誰にハズレクジを引く役目が回ってくるか、だけである。

両国にとって史上初のベスト8をかけて行われたワールドカップ決勝トーナメント、日本vsパラグアイ戦。どちらも守備を固めて中盤からのパス攻撃に勝機を見出すという、同じようなカラーのチームである。

それゆえ忍耐と集中力の勝負となる前後半戦。

松井のクロスバーに当たるドライブシュートや本田の決定的なシュートなどもあったが無得点。逆に、奪ったボールを大事にできず、再び奪い返されるというシーンも目立ち、文字通りジリジリとした時間だけが過ぎて行った。あっという間の90分だったのかもしれない。

ここまで来れば気持の勝負となる延長戦。

開始直前、日本チームは何と全メンバーとスタッフが円陣を組んだ。こんなシーンはこれまで見られなかっただけにさらに強くなった絆を感じた。しかし延長の前後半30分間もまたたく間に過ぎ去った。両チームともここまで全く互角に渡り合ったと言っていいだろう。

そして「試合」は終わった。少なくとも日本代表は試合には負けなかったのだ。

ここからは試合ではなく、「勝負」を決するPK戦。

先攻の日本の一番手遠藤、二番手長谷部と順調に成功。後攻のパラグアイも成功。そして三番手に登場したのは駒野だった。ニュースでは日本は前日にPK練習をしていたと伝えていた。それがこの場面を想定しての事だったとすれば、岡田監督の嗅覚には脱帽する。PK戦のメンバーは予め決められているので、駒野もきっと当たっていたのだろう。

だが正直に言えば、彼が登場した時に一瞬「?」な感触を覚えたのも事実だった。はたしてボールは無常にもゴールポストに阻まれ外れて行ったのだった。結果的に彼がPK戦のハズレクジを引く役目となってしまったのである。それは誰にも責める事のできない「不運」だった。

パラグアイ最後のキッカーとなるカルドーソが登場した時、日本のメンバーは一列に肩を組んだ姿勢で膝をついた。それはまさに祈りのポーズそのものだった。そして「勝負」はパラグアイに凱歌が上がった。

日本は「勝負」には負けたが、「試合」には負けなかったのである。

ワールドカップ本戦前にはあれだけ酷評されたにも関わらず、本戦の試合を重ねるたびに実力も絆も明らかに強くなって行った日本代表。4年前のドイツ大会では無残を晒したが、今回は「次、見てろよ」と思わせてくれる最高の試合を見せてくれたのではなかろうか。

大活躍のDF長友がいみじくも言った。「流した涙は悔し涙でもあるけれど、もっと強くなるための誓いの涙でもある」

この結果に文句を言うサポーターなど誰一人いないはずだ。我々は全員、笑顔で拍手で迎えるから、メンバー&スタッフよ、そして駒野よ、堂々と胸を張って帰って来い!




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-