ファイト~! 一発!

辞任した鳩山氏の後任の総理大臣に就いた菅直人新首相。本日、首相官邸で所信表明の記者会見を行なったが、話の内容はともかく、その声に鳩山首相とは打って変わった言語明瞭で頼もしさすら感じたのは私だけではあるまい。前任者が前任者だっただけに、見事なコントラストだった。支持率もV字回復を見せ、新内閣はまずは順当な滑り出しだと言えよう。

一方、予演会でのすったもんだの連続からどうやらこうやら走り出した研修ツアー。研修コンテンツの試し切りと言うべき初日は、昨日3つの会場からスタートした。私の直接の担当会場ではなかったが、初日という事で千葉会場へオブザーブに出掛けた。そこで、どうしても見本を見たいというメンバーのために、一つのコンテンツだけプレゼンを買って出た。

実は、このコンテンツは同僚のS君が作成担当だったが、企画会議の段階から内容に異論続出、ようやく予演会を迎えても納得のいくシナリオに仕上がってはおらず、またも異論噴出。実に3度の予演会を数えた後、見切り発車同然で初日を迎えたという、いわくつきのコンテンツだったのである。

特に演習パートの煮つめが甘く、案の定、受講者からはこちらが意図した発表が満足に出ずに終わってしまった。これではイカンという事で、翌日の今日、すりあわせミーティングの名の下、トレーナーが集合して修正を掛ける事になった。

ところがS君、自らも別の会場で実演して来たにも関わらず、歯切れが悪いというか、どうにも的を射ない発言が目立ち、挙句の果てには予演会を通して幾度も見られた「ツッコまれたら固まって思考停止症状」が発症して来る始末。要するに、作成者としてコンテンツに対するポリシーをしっかり持っていないので、指摘や意見が出される度にスタンスがブレる。半面、プライドがなせる業なのか意外にガンコで、なかなか修正に応じようとしない。

さらに言えば、自分がコンテンツの責任者だという当事者意識があまり見受けられず、まとまらないからと予演会を重ねるほど他のメンバーの時間を奪う事になるという自覚も薄い。ついに見かねて、良かれと思いついた事をアドバイスしようものなら、前に言ってた事と違うじゃないですかと返してくる。と言って、誰に相談するでもない。

事ここに至り、このままでは彼にはクリエイティブな仕事は無理だという結論を持たざるを得ないと思っている。

彼は去年まで内外の問い合わせ対応部署にいた。その部署とウチの部署間の若干の人事異動によって数人のメンバーと共にやって来た。彼の一番の長所は人当たりが良く、憎めないキャラだというのが皆の一致するところだった。ところが一つのコンテンツ作成を彼一人に任されたあたりから何かがズレ始めて行った。

その原因が、これまで営業経験をほとんど持たず、長い間、問い合わせに対する回答業務という、いわば受けと守りの仕事に従事していた後遺症なのかは定かではない。しかし、彼がコンテンツ上に紡ぎ出す言葉はリアリティも営業的なセンスも感じられないものばかりだった。これではとても受講者である営業部員に届きはしないだろうし、彼らをモチベートする事なぞ及びもつかない。

そこの完成度に対して人一倍のこだわりを持っている私は、これまで他のメンバー同様、S君にも徹底的に噛み付いて来た。安易な妥協は決して許すまいという気持ちと、それを通じて彼の感覚を呼び覚まし、プロフェッショナルな研修職人に近づいてもらいたいと願った気持ちからである。

だが最近の彼の反応が、もしもスキルの問題ではなくメンタルな問題だったとすれば、もはやこれ以上の負荷を掛ける事はままならない。むしろ直ちに休養させるべきである。今のところ取りあえず彼の直属のマネジャーの観察下に委ねてはいるが、結論はそう遠くないうちに下されるだろう。

いずれにせよ、ますます厳しさを増す会社の現状を考えれば、彼自身がフルスロットルで自分の部署に必要な存在となって居場所を確保するか、さもなくば別の居場所を求めて去って行くしか選択の道は無かろう。厳しいけれど、これが揺るぎない現実である。決して大げさではなく、全てのメンバーが日々己に葛藤しつつ戦っているのだ。

S君よ、メンタルに問題なくば歯を食いしばって登って来い。ロープはいつだって投げてやるから。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-