嬉しいリベンジ

今週に入ってますますハードな日々が続いている。

来週からスタートする全国研修ツアーのための予演会とコンテンツ修正作業のため、担当メンバーのほぼ全員が連日夜の10時11時まで会社に居残っている。その誰もが産みの苦しみとタイムリミットとの狭間で必死に取り組んでいる。それもこれも受講者である営業部員をアクションに駆り立てられる「最善の研修」を目指すがゆえだ。

・・・・・・・

そんな最中、日帰りで山形県米沢市のとある病院へ行って来た。事の発端は半月前に営業部員同行でこの病院を訪問した時の事だった。

「いくら重大なアクシデントと言っても、発症確率がそんなに低いのならわざわざ薬を使ってまで予防する意義は疑問だな」

薬物を使った術後の合併症予防を提案された外科部長は私にそう言った。その時は十分な時間が取れずに立ち話だったので、後日改めて外科の全Drと共に説明会をやらせてもらう事をお願いした。早い話がリベンジである。

自分が蒔いた種は自分で刈り取れとばかりに張り切っていたものの、実施直前になって不測の事態が勃発した。何とこの春、他科に転勤して来た競合品擁護派のDrによって、競合品の新規採用の代わりに我々の製品が採用削除されてしまったというのである。これでは製品の説明会は出来ない。

急遽、テーマを製品から病態へと切り替え、場合によっては唯一使用可能な競合品の使用説明さえ行なう事も辞さない覚悟で臨んだのだった。私の長い業界経験でも、さすがにこんな説明会は初めてである。

だが意外にも、術後の合併症に対する質疑や実際の予防法についてのディスカッションで説明会は盛り上がり、気がついたら15分の予定が1時間近くにまで延長していた。特に、予防薬の変遷に興味を持った外科部長は、競合品よりも明らかに優る我々の製品のメリットを十分に理解してくれ、近々外科から採用の再申請を出しても良いとまで言っていただけたのである。

初回訪問では取り付くシマもなかったと思われた人物が、二度目には実は良い人だと分かったという経験は、これまでに何度もして来た。今回もまさにそうだった。圧倒的に不利な状況だったが、覚悟を決めて来て良かったと心から思えた瞬間だった。

帰りの新幹線で食べた米沢牛の有名駅弁「牛肉どまん中」の何とウマかった事か! こうして往路2時間強、現地滞在2時間強、そして帰路2時間強の全工程7時間強の日帰り山形出張は終わった。そのまま会社に戻って予演会に合流し、今夜もまた10時半過ぎにやっとこさ会社を出られたのだった。これでよくガタが来ないなと我ながら感心する。

・・・・・・・

帰ってニュースを見たら、鳩山首相と小沢幹事長が揃って討ち死に、じゃなかった、揃って辞任したというではないか。もう一人、北海道教組から違法献金を受け取っていた小林某議員も道連れだったが、もはやそれはどうでもいい。

政治資金収支報告書不正記述問題から普天間移設問題に至るまで、マスコミの批判報道に晒され、同時に支持率急降下の両面攻撃を食らった末の沈没。折りしもTV画面には、小泉首相以降の自民党歴代短命総裁である安倍氏、福田氏、麻生氏の3人が並んで座っている国会での画が映し出されていた。彼らは揃って期待ハズレのお粗末3バカトリオだったが、結果的には鳩山氏もその3バカトリオに追従する形となった。

所詮は二世のボッチャン政治家には、一国のリーダーなぞ務まる器と道理が無かったという事をまたしても証明したのだった。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-