新党滅却すれば・・・

舛添要一氏の言いたい放題で思わせぶり発言の挙句の離党。立ち上げた新党は、フタを開ければメンバーは党首の人気頼みの参院改選互助会だった「新党改革」。しかも政党助成金狙いの改革クラブ入党後の党名変更という姑息なやり方だ。

彼は2月に自ら会長となって自民党内に「経済戦略研究会」を立ち上げた。塩崎氏や管氏など主要メンバーは、いずれも郵政民営化など小泉構造改革を推進し、安倍政権を支えた連中だ。一方、改革クラブ幹事長の荒井広幸氏は郵政民営化反対の先頭に立ち、小泉改革の対極にいた人物だ。いくら党内で孤立化した挙句の行動とはいえ、こんな政策もヘッタクレのないような矛盾はなかろう。

舛添氏の離党を見ていると、なぜか鳩山邦夫氏の離党と重なって見える。

一方は弁舌で、もう一方は資金力を背景とした自分という存在に自信を持ち過ぎているようだ。うぬぼれ、カン違いと言ってもいいかもしれない。実際に飛び出てみたら同調するメンバーは旬を過ぎて存在感すらない連中ばかり。ひとり龍馬を気取った鳩山氏に至っては、龍馬と異なり誰もかまってくれないので、新党が立ち上がるたびに秋波を送るばかり。結局、これが両者の人望の表れだろう。

しかしながら、ここに至ってもはや老醜の権化と化した石原都知事を応援団に抱く、旧自民党お達者クラブの「たちあがれ日本」の影は薄くなり、行政のプロ集団と言いつつも、実はかなり国家主義者の集団である「日本創新党」の話題性も霞んでしまった事は事実だ。つまりは、それほど雨後のタケノコ状態だという事に他ならない。

それにしても、これら新党は隔靴掻痒というか、帯に短しタスキに長しというか。自民党政権に三下り半を突き付けたものの、民主党政権にも失望した世論の受け皿になれるとは到底思えない。平沼&与謝野氏の政治路線の違いと御隠居党員の顔ぶれからは新鮮味も現実性も感じられない。同じ事は舛添&荒井氏と落武者連合にも言える。さりとて旧横浜市長&杉並区長の首長新党には国会議員すら存在しない。

歯に衣着せぬ舛添氏と公務員改革による脱官僚を身内から潰されて自民党を離党し立ち上げた「みんなの党」党首の情熱派、渡辺氏、それに現実派の政策通、与謝野氏が顔を合わせて新党を結成し、時期選挙の候補者に中田氏、山田氏などの行政経験者を擁立できれば、与野党からもさらに有望なメンバーが集結するだろう。

そんな新党なら私は一票を投じる。もちろん決して絶対の確信を持って投じるわけではないが、少なくともどうでもいいコバンザメメンバーをそぎ落とし、有能なコアメンバーが一堂に結集すれば期待は大きく膨らむからである。こりゃ面白いじゃないか、いっぺんやってみなさいな、である。

政策で矛盾のない顔ぶれがキチンと連携すれば、かなりインパクトのある強力な第三極新党が誕生するはずなのに、どうしてもそれができない。それぞれの新党は、来たるべき参院選からスタートだと言えば聞こえは良いが、しょせん国政選挙としては二線級の参院選挙目当ての思惑と個人レベルの野望が見え隠れするから、大同団結なんて絶対にできないのである。

それこそが日本の、そして政治の本当の不幸なのかもしれない。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-