スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度の学会は鹿児島

定期研修ツアーではないイレギュラーな研修出張が毎週のようにあった4月。その締めくくりが22日から鹿児島で行なわれる学会聴講である。2月に行った学会も沖縄だったため、部内の視線はなぜか厳しいものがあったが、あくまでこれは仕事の一環で、どうしても外せない学会なのである。たまたま開催場所が鹿児島だったというだけなのだ。

鹿児島を訪れるのはおよそ半年ぶり、前回は昨年10月、発症したばかりの五十肩と共に両親とカミさんを連れ立っての温泉旅行だった。

小高い山の上にあるホテルを会場とした学会の幕開けが、担当製品に関係する術後血栓予防ガイドライン改訂に関するセッションだったため、前泊移動する必要があった。今回の学会聴講の大きな目的の一つがこのセッションである。

で、せっかくだからちょっと早目の移動をして、たまたま休日だった義弟+娘×2と天文館の「しゃぶ禅」にて夕食会をする事にした。この店は黒豚&牛しゃぶしゃぶ食べ放題に加え、東京では幻と言われる焼酎「村尾」も格安で飲め、チェーン店にしては出色の存在だ。

・・・・・・・

少々雨模様の鹿児島は、それでも十分に暖かい。いつもの出張時より安価な(学会聴講ゆえちょっと遠慮した)天文館のホテルにチェックインし、やがてやって来た義弟たちを迎えて店に向かった。2年ほど前は400円で飲めた村尾も今や550円にまで値上がりしていたものの、これでも東京価格よりはるかに安い。加えて国産牛と黒豚しゃぶしゃぶの食べ放題で身も心も満ち足りた。

それにしても小学2年生と1年生の年子姉妹の成長は速い。半年前とは見た目も会話も雲泥の差である。彼女らへのお土産にミニーマウスの腕時計を買っていたが、どうやらニーズにドンピシャだったようで、目を輝かせて喜んでいた。めでたしめでたし。

・・・・・・・

さて、注目のガイドライン改訂だが、2004年に刊行された時はわずか10の学会の連携だったものが、今回は2倍以上の22学会の連携が得られたという。これも時代の流れだろう。

それに伴い、記載される各論の項目の領域も胸部外科、心臓外科、がん、集中治療、精神神経領域まで拡大される。さらにクリニカルクエスチョンを設定し、それに基づいてエビデンスの検索と査読を行ない、結果についてサイエンティフィック・ステートメントという形で著わす事になった。この方式により海外のガイドラインにより近いものなると思われる。

もちろん初版刊行以降に承認された新規予防薬の掲載も行なわれる。この改訂ガイドラインによってわが国における術後血栓予防がさらに推進される事を切に願う。予防と言うと、どうしても自然発症率がやり玉に挙がる。確かに予防すべき術後血栓がもたらす肺血栓塞栓症の発症確率は低い。だが、発症し不幸にして死に至ってしまった患者からすれば確率なんて無意味である。発症した人にとっては確率一分の一なのである。

・・・・・・・

学会聴講に来ていた学術情報担当のSIさん、今夜札幌から鹿児島入りした専門営業部隊のS君とまずは鹿児島定番の「さかなちゃん」でサバ姿造り、活イカ造り、カワハギ薄造りの豪快な一皿、初鹿児島というS君にキビナゴ刺とさつま揚げをふるまって焼酎とともに乾杯の宴をした。

その後、遅くなって東京からやって来たM君を交え、焼き鳥屋に河岸を替えて二次会突入。これまでのいきさつに対するあれやこれやを語ってガス抜き。期待されている製品とは裏腹な会社の体制に言いたい事は山ほどあるぞモード全開だった。

そうそう、先日退社したK君も無事に次の会社に入ったようで、彼の会社主催のセミナー会場で笑顔の再会をした。転職先である大阪本社の名刺をもらったので、次回の大阪出張の時にでも声を掛けるとしよう。

・・・・・・・

義弟から再び電話があった。明日の晩は日帰り温泉で一家を交えて夕食をとりたいと言う。ホテルの部屋風呂じゃいかにも味気ないので、これは好都合だ。肩のためにも薩摩の名湯にゆっくり浸かりに行こうか。






関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。