サヨナラだけが人生さ

今週は日曜日のH子結婚お祝いディナーから始まって、甲府出張、大阪出張と続いた。そして金曜日の今日、ここ最大のイベントを迎えた。

そう、私の研修担当品目のプロダクトマネジャーである戦友Kの送別会である。今日が最終出社日となる彼の送別会自体は、公私取り混ぜてこれまで幾度も行なわれて来たと聞いている。しかしながら、彼と最も身近で関係が深いメンバーが集まる送別会はこの日をおいて他にはない。彼なじみの居酒屋を借り切って20名近くが集結する。

・・・と、ここまで書いて、本日午前半休でまだ一向に回復しない五十肩の治療に行って来た私は出社する事にした。なのでこの続きは明日になるだろう。今夜はトコトン彼に付き合って撃沈する予定だからである。午前様なぞ、クソくらえだ!

・・・・・・・

本社の関連部署のスタッフはもちろん、近郊の専門営業部隊のメンバー、さらには当初参加予定じゃなかったはずの部門長Nさんの姿もあった。Nさんと言えば、4月からこの製品関連部署が彼の元から切り離され、別の領域に組み込まれた。その意味では、短い間だったがNさんとも送別である。ちなみに本人も青天の霹靂だったそうだ。

さて、貸切飲み放題の一次会の2時間半はあっという間に過ぎ去り、数人が抜けただけで二次会のカラオケボックスに突入。次々と繰り出される定番の数々、でも今夜はちょっとフィーリングが違った。それらの歌の殆どがKへのメッセージが色濃く感じられ、選曲もノリ一辺倒ではなかった。

私もオープニングは岸和田出身のKに合わせて「やっぱ好きやねん」から、次いで「輝きながら」「Get Along Together」などなど。誰が入れたか知らないが、たまたま歌うことになった「乾杯」でついに感極まってしまった。酔ったせいかもしれないけれど。

シメは駅前の博多ラーメン、時間は既に日付変更線をとっくに越え、午前1時を指していた。

自己都合退社にもかかわらず、今日まで毎日のように開かれた送別会にそれぞれが集まりKと酒を酌み交わす。それほど彼はいろいろな部署の人間から慕われていた。彼のキャラクターをひと言で言えば、人がいいタイプだと言える。だが彼は決して人がいいだけの男ではない。きちんと信念を持ち、そのためには上司や他人から何と言われようが受け流し、グッと堪える強さも持っていた。時に悲劇のヒーローであったりもする。

何事も直球勝負の私などは到底及ばない境地だが、それが彼が多くの人を惹きつける魅力となっていたに違いない。

So long nice Guy, and I wish see you again, sometime somewhere!




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-