人がいいということ

私がまだ駆け出し社会人だった頃、入社以来の本社勤務から3年経ってやっと営業現場に異動となった時、指導係の先輩社員がこんな事を言った。

「人に好かれるためには人がいいというのは大事だ。でもそれだけで仕事に通用するのは30歳までだぞ」

訝る私に、彼は続けて言った。

「30歳過ぎたら、人がいいだけじゃねと言われるようになるから」

つまり、若いうちは仕事に対する実力が不十分であっても人柄で補える場面も多いが、最後は仕事を一人前にこなせる実力勝負になるんだよ、と言いたかったのだと思う。その後、日頃から自他共に人がいいと認めていた同僚が、仕事ではさほど目立つ事なく転勤して行った例を目にする事があった。その同僚はまさに30代前半だった。

・・・・・・・

鳩山首相の発言のブレがマスコミの話題になっている。最近では特に普天間基地移設問題で槍玉に挙げられている。

自民党時代の日米合意を見直し、改めて米国と対等に協議したい。沖縄の長年に渡る負担を軽減したいと県外移設案を推す。その後、海兵隊の一部グアム移転計画を知るや、社民党と共に国外移設を支持する。かと思いきや、防衛相の視察でグアムへの全面移設が困難そうになると、私見と言いながらありもしない抑止力に対する懸念を掲げて前言を翻す。

鳩山首相は就任当初から友愛精神を掲げ、他人の意見に耳を傾ける人柄の良い人物だと評された。それから100日経って、その評価は「自分で決められない首相」へと変わった。「最後は私が決める」という、まるで麻生前首相かと見まがう決まり文句に対して「私が決めるという人に限って自分じゃ決められない」とも。

母親からの月1500万円、総額12億円に上る献金(贈与)といい、周りが全てやってくれて金の話をした事はほとんど無かった発言といい、この人は生まれてこのかた「不自由」や「苦労」というものを経験せずに、家業と言っていい政治家への志だけを純粋培養して来たんだと感じるのである。

金銭の面でもステイタスの面でも自分で作り上げたものは無く、全てが予め揃っていた。だから性格がネジれる事も無く伸び伸び育てられ、やがて良家のボッチャン一丁上がり! この人に限っては下積み修行という言葉は無縁で、それは政治家の中でも稀有な存在である事は確かだ。その辺りがどうしても細川「お殿様」元首相とキャラがダブって見えるのは私だけだろうか。

自分で現状を打開した経験が乏しいゆえ、自分に自信が持てず他人の意見に左右されやすい。内政問題ならまだしも、普天間問題は外交・軍事問題だ。国対国の国益を賭けた交渉事のプロセスをあんなに軽くペラペラ喋っていいはずが無い。本来、外交・軍事問題は国家の最重要機密なのだ。日米合意の下に期限を明示して、その時が来たら結論を述べればいいのである。

それをご丁寧に手の内を晒すような発言を繰り返し、オマケにその発言が二転三転しているというのだから、交渉相手にすればこんなに組しやすい相手もなかろうし、同時に国際世論に対する信用失墜も甚だしい。まさか敵を惑わすにはまず味方からという高等戦術でもあるまい。記者へのサービス精神だったという信じがたい動機はもはや論外だ。

実現性の低い理想論で社会保障と普天間問題を語り、それを参院選の議席確保の生命線としている福島社民党は、相変わらずの主張を繰り返すのみだ。一方、連立政権の中で存在を示したい超ベテラン政治家亀井氏は、初めのうちはご意見番よろしく激しく物申して来たが、最近は物腰も柔らかくなり、むしろ首相を庇う発言も多くなった。これが鳩山政権を半分見限った末の言動だとしたら、さすが機を見るに敏な人物だなと感心する。

・・・・・・・

おかげさまで私自身は、これまで人がいいと言われた事はあまり無かった。人がいいと言われたり、誰彼なく好かれたいと思った事はあるものの、少なくとも仕事絡みの場面においては議論優先になり、良い仕事のためと思いつつ自らの主張に極力妥協せずに来たという事が多かった。

こんなだから、とてもじゃないがいい人だなんて言われるはずもないし、この年代ともなれば体良く職場のご意見番的存在に押しやられてしまう。いや、仕事における私の立ち位置はとっくにそうなっていると言っていいかもしれない。

定年までのカウントダウンは既に始まっている。もはや私自身のキャラを変えるのも手遅れだ。こうなりゃ、仕事をより良くして行くためという大義名分にすがってでも、未来の自分より一足先に「熱きガンコジジイ」になってやろうかな。





関連記事

COMMENT

福島瑞穂の隠された意図

社民党の福島瑞穂が普天間基地のグアムへの移転を主張しているのは日本のためとは考えられない。
福島瑞穂が決して語ることのない真の意図は、祖国・北朝鮮から遠くへ米軍を移し、抑止力及び祖国への軍事的な脅威を無くすことである。
北朝鮮とグアムの距離は、普天間との距離の2倍以上ある。
鳩山政権は連立なしでは、参議院で過半数を取れないという弱みに付け込んでいる。
鳩山政権とオバマ政権の間に亀裂が入っており、彼女は小躍りして喜んでいるだろう。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権、生まない選択(少子化担当と矛盾)など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ