楽しみな種が播けたぞ

昨日は、市立病院の閉鎖・再開で市長のリコール運動まで発展して話題になった千葉県銚子市の南に位置する旭市で営業部隊メンバーと同行した。ここの病院は銚子のケースとは全く異なり、患者は増加の一途で12階建ての新病棟を建設中という、立派な黒字経営の公立病院である。

文字通り、地域の中核病院であるから、ウチの製品も数多くお世話になっている。そんな中にあって、私の担当製品がまだ十分に使われていないと言うではないか。さっそく産婦人科Drに面談し、手術後の血栓症予防のための院内対策の提案をし、製品説明会の日程を押さえる事が出来た。その説明会の場で院内のクリティカルパス作成の提案をし、そこにウチの製品を組み込めば不動のポジションを確保でき、対象患者全例に血栓症の強力な予防法が実施される事になる。実に楽しみな種を播く事ができた。

その晩は、この旭市にある卸との共催イベントで21時過ぎにホテルへチェックイン。同宿の営業部隊メンバー3名と直ちに近くの居酒屋で遅い夕食ならぬ飲み会へ突入!

さすがにこのエリア担当者オススメの店だった。刺身も料理もおいしく、接客の可愛い女性の愛想も良い。酒も今月は十四代の無濾過の純吟が1合半で900円と適正価格! 蔵元と直接契約なので余計なプレミアがないのだと言う。刺身と鯵のなめろうはそれで平らげ、続いて佐賀牛のタタキ、鳥の味噌漬け焼き、果てはピザやペペロンチーニに至るまで手当たり次第に注文した料理も、芋焼酎の四合瓶2本と共に消えて行った。遅い時間のスタートだからペースが速いのなんの!

少し残った酒と共に、今日は北総エリアへ。多古町にある病院では、薬局からまたも術後の血栓症予防の話が。すかさずウチの製品を紹介したら、外科の院長先生に話が通れば医局会で院内クリティカルパス作成まで検討したいと言う。手術日だった院長先生を狙って粘ったが、この日は面会できず。後日、上司同行で話をまとめる事にした。ここも好感触、またまた嬉しい種を播く事ができた。

こうしてみると、面会さえ出来るなら同行活動もまんざら捨てたモンじゃない。同行したメンバーは口々に「担当製品が多過ぎて、優先順位の低い製品の活動はどうしても後回しになるし、自信が持てなくなる」と言う。そう、要するに自信が無いので積極的な提案やPRが出来ないのである。だから活動不十分な製品ほどプロモーション進行が遅れ、競合他社に出し抜かれたりもするのだ。

明日にもがん予防ワクチンと抗うつ薬の適応拡大が同時に承認される予定だ。これで今年に入って新製品や適応拡大などは、ざっと数えただけでも7、8製品にも上るのである! だが、そのおかげで普通の会社なら数年に一度の新製品が、ウチではあっという間に過去の製品となる。正直、営業部隊の知識も活動も追いつかないほどのペースで、「嬉しい悲鳴」などという言葉などとっくに超越していると言っていい状況だ。まさに「過ぎたるは及ばざるが如し」である。

この日の昼食は、同年代の同僚が絶賛したと言う佐原市にある「うなぎ割烹 山田」だった。昼食と言っても既に午後3時近く。休日ともなれば店の外に軽く10人以上は並ぶらしいが、さすがに客は我々2人のみ。いわゆるうな重にあたる「じか重」の上を注文。我々だけだったせいか、10分くらいで登場。東京で食べた鰻には無いパリッとした表面と噛んだ途端に広がる脂がまさに絶品! これで2200円なら安い!

使っている鰻は、一度食べてみたいと思っていた有名養殖鰻「坂東太郎」かと思って仲居さんに訊いたがサッパリ要領を得ない。どうやらそうでは無さそうだが、分からないんだったら奥で訊いて来ますくらい言えば良さそうなものを。支払いも釣り銭が無くて待たされたし、ネットのクチコミにも書かれていたようにサービス面はちょっといただけない。

さて、いよいよ明日は最終日。同行するメンバーによれば、活動エリアは私の実家のある松戸市だと言う。勝手知ったるこの地でも、良い種が播ければいいと願っている。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-