いくら何でも

麻生首相に続いた自民党政権を事あるごとに批判し、解散総選挙による政権交代を煽り続けたくせに、いざ政権交代となったら、まだ何も始まらないうちから民主党政権をあれこれせっつき始める始末。まったくマスコミってヤツは・・・。特に報道ステーションの古舘! 知識も経験も乏しいくせに、さも民意の代表のような上から目線の偽善ヅラは止めろ! お前の本性なぞとっくに視聴者に見抜かれてるんだから。

数十年続いた一党政権が交代されたからと言ったって、すぐに何もかもが劇的に変われるはずが無いじゃないか。新政権に期待しているなんてオタメゴカシは言わずに、もう少し温かい目で見てあげれば良いじゃないか。彼らだって「結果をスピードとメリハリを持って見せ続けなければならない」という厳しい国民の目は十分承知しているはずなのだから。それを、始める前からつべこべ注文をつけられたんじゃ、意気に燃える彼らの出足さえ挫きかねないだろうよ。

片や自民党。めっきり減った首相ぶら下がり会見も八つ当たり発言のオンパレード。政権交代の元凶となった当人が今だにエラそうなへらず口を叩いているじゃないか。その程度の器の男に、一時であったにせよ国民からの人気に期待した自民党と彼を支持した国民は、今こそ自らの慧眼の無さを恥じろと言いたい。「Good Looser」とは真逆じゃないか。

そして選挙前にはあれほど開催を渋った自民党両院議員総会が昨日開かれた。てっきり選挙惨敗の総括と再出発のための建設的議論が交わされると思いきや、口開けは16日の首班指名選挙の記名についての不毛な言い争いだ。ここでゾンピ議員の甘利氏が「白票のウラに我々の意思が透けて見える」などと意味不明な発言をして、白票投票にしたい執行部案を擁護する。そんなだからお前は落ちたんだろが!

ヤラセか仕込みか、出てきた名前は両院議員総会長の若林氏の名前だった。その名前を聞いた時、どこかで聞いた憶えのある名前だなと思っていたら、実は還元水で自殺した農水相松岡氏の後任、次のバンソウコウ辞任の赤城氏、さらに事務所費辞任の遠藤氏の後任をそれぞれ担当した人物だった。ああそうか、使って便利、負担にならない、要は単に人のいいオジサンなのだった。

おいおい、当たらず触らずのこのオジサンが日本国総理大臣を決める首班指名選挙候補かよ! 白票投票も無責任極まりない行為だが、だからと言って無意味に等しいこんな名前に自民党挙げて投票するというのもあまりに無責任じゃないか! こんな体たらくだから自民党は国民から愛想を尽かされたんだろ? ちっとも分かっちゃいないじゃないか!

続いて若手議員からの動議。総裁選の立候補に必要な推薦人の数を現行の20人から10人に減らして、志のある人材の立候補をしやすくすべきだという提案だった。ところがこれを聞いた古賀氏を始めとする守旧派執行部の老醜の面々は露骨にイヤな顔を見せたのである。

もっと驚く事に、異例と言いながらも幹事長のヌラリヒョン細田氏が渋々決を採ってみたところ、事もあろうに賛成者が過半数を超えなかったのである! そのほとんどが総裁選立候補には関係ないであろう連中のはずなのに、改革に賛成の挙手を拒む理由って何なの? 自民党再生をアピールできる千載一遇のチャンスでさえ、ウラでどんな思惑が働いたかは知らないが、可決はされなかったのである。ダメだこりゃ。

こんな事で自民党再生なんて望めるのか? 本当の意味の二大政党制なんて実現できるのか?

負けっぷりにも分別というものがあろう。最強の野党を宣言した自民党よ、残念ながら今のお前らにはその資格すら見えて来ないぞ。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-