マイケルとファラと自民党

広島、仙台と研修ツアーに出ている最中、いろいろなニュースが飛び込んで来た。

まずは、断末魔自民党の古賀誠選対委員長のスタンドプレーが結果的に醜態を助長した感のある東国原知事と橋下知事への出馬要請。東国原氏からは、足元を見られたかのような地方分権案のマニフェスト掲載と総裁選候補の条件を突き付けられた。これは巷間言われているように、彼一流の出馬拒否ジョークなのか、自分を高く売る絶好のチャンスと捉えたパフォーマンスなのか。

一方、知事・市長で地方分権推進グループを作り、次期選挙で政権を握る可能性のある政党を支持するとした橋下知事にも古賀氏は出馬の打診をしたという。もはやなりふり構わぬ狼藉ぶりである。

国政に打って出て、そこから地方分権を実現したいとする東国原氏には矛盾点がある。自らの立ち位置を変えなくては地方分権ができないのか? 仮に地方分権が成った時には既に首長ではない身でどうして宮崎県政を司れると言うのか? 知事立候補時の言動とは裏腹に、たぶん彼は初めから国政のみをゴールと見据えていたんだろうと思えてならない。

これに比べて、地方から国政をに訴えて変えていきたいとする橋下氏の主張の方がより分かりやすいのは事実である。但し、こちらは立候補は120%あり得ないと言い切った末に自民党の後押しで出馬した経緯があるので、前言撤回はお手のものかもしれない。

私と同学年の東国原氏は任期途中の3年、10歳以上若い橋下氏に至ってはまだ1年半だ。

・・・・・・・

昨日の朝からひっきりなしに報道されているのがマイケル・ジャクソンの死去だ。享年50歳、年代こそ私とわずか一学年違いの彼だが、全く比較の対象にすらならないスケールとスピードで世界を駆け抜けて行った末の早過ぎる死、改めて冥福を祈りたい。

彼に対する記憶の始まりは、ジャクソン5の1972年のヒット曲「ベンのテーマ」だった。少年とネズミの交流を描いた1971年の映画「ウイラード」の主題歌だったと思うが、その透明な美しい声に魅了された。だがそれ以降はあまり聴く機会もなかった。彼を次に見たのはそれから10年後、スリラーの世界的大ヒットの時だった。

音楽的な嗜好が合わなかったせいもあって、私にとっては彼の曲が青春の1ページと言うほどでもなかったが、時折見た彼のダンスには、その見事さとレベルの高さには毎度毎度驚嘆させられた。もっともそれ以外は、見るたびに不気味に白くなっていく彼の容貌の方に目が行ったけど。

幾多の輝かしいアーティスト達と同様、彼も伝説となるのは間違いない。

・・・・・・・

まるでマイケルの死の陰に隠れるかのような地味目の扱いで報道されたのが、奇しくも同じ25日に亡くなった女優ファラ・フォーセットである。近年の映像でも私より10歳も年上とは思えない若々しさだった。

死因は2006年に発症した肛門がんの再発と肝転移だった。元同棲相手で長年の友人である「ある愛の詩」の俳優ライアン・オニールからのプロポーズを受け入れて結婚する予定だったというから、より悲しい訃報である。

彼女を一躍有名にしたのは、70年代後半のTVドラマ「チャーリーズ・エンジェル」だ。世の女性は彼女のヘアスタイルを真似し、女性のみならず世の男性も彼女を憧れの女性と言って憚らなかった。

単なるセックスシンボル的な女優ではなく、ソフィスケイテッド・レディとも言うべき彼女を見ていると、私の中ではジェーン・フォンダあたりとイメージが重なるのだった。合掌。




関連記事

COMMENT

himikoさん、そうだったんですか。てっきり脱黒人を目指してあの手この手を駆使した結果だと思ってました。改めて合掌です。

マイケルの白い顔は、尋常性白斑だったようよ。
昨日初めて知ったんだけど、辛かったろうな、と。。。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-