スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いは届いただろうか

「母は4たび潜った」((2006年8月27日)
「正義って何なんだ?」(2007年6月12日)
「お前も「真実」を歪めるのか?」(2007年9月22日)
「危険な運転には違いないのに」(2007年12月19日)
「救われず報われず」(2008年1月8日)

これまでのエントリで何度も取り上げてきた「福岡飲酒運転3児死亡事故」である。

被告の元福岡市職員今林大被告(24)に対し、一審の福岡地裁は「危険運転致死傷罪」ではなく「業務上過失致死罪」とし、懲役7年6月の判決を下した。双方が不服として控訴した控訴審判決が福岡高裁で昨日あった。陶山博生裁判長は危険運転致死傷罪の成立を認めて一審判決を破棄、懲役20年を言い渡した。

脇見が事故原因とした一審判決については検察側の主張通り「誤り」と判断。被告が飲酒により「前方注視に必要な視覚の能力が低下していた」とし、危険運転罪が成立すると結論づけた。その上で「経緯、動機に汲むべき点はなく、3人の幼児の命を奪った結果は誠に重大。証拠隠滅まで画策するなど悪質だ」などと判決理由を述べた。

さらに、被告側が「哲央さんの居眠り運転も事故の一因」と主張していた事に、裁判長が「居眠り運転をしていたとは考えられない」と明確に否定すると、夫妻は安堵の表情を見せた。

「私たちの思いが届いた。しっかり刑を受け止めてほしい」。亡くなった3児の遺影を抱いて傍聴席の最前列に座っていた両親の大上哲央さん(36)とかおりさん(32)夫妻は涙を流した。

これで両親の思いはひとまず報われたものの、実は被害は3人の子供の命が奪われただけではなかったのである。

夫妻の代理人、羽田野節夫弁護士によると、夫妻は飲酒事故の悲惨さを訴え、メディアに多く登場して注目を集める一方、「調子に乗るな。何様のつもりか」「金をもらっているんだろ」などと街頭やインターネットでいわれのない中傷や非難に晒され続けたという。挙句、一家は昨年末、世間を避け、事故の影響によるパニック障害療養のため海外転居を余儀なくされたのだった。

この事件に限らず、世間の注目を集め話題になればなるほど、一方でこういう輩が湧いて出て来る。どうして我が身に置き換えてこの両親の大きな悲しみを慮ってあげられないのだろうか? かけがえのない大切な宝を一瞬にして奪われた絶望を本当に分からないとでも言うのだろうか?

これではまるでセカンド・レイプである。だが紛れもなくこれが今の日本の現実であり、暗部・恥部なのだ。

そして今林被告は判決には出廷しなかった。彼の主任弁護人、春山九州男弁護士は「極めて感情的な判決で、適用条文の要件を一つずつ積み重ねる作業に欠けている印象を持つ。到底納得できず、上告したい」と述べたという。

光市母子殺害事件の時もそうだったが、弁護人は依頼人の利益のために最善を尽くすのが使命だという事は理解する。しかし、だからと言って姑息な法廷戦術や屁理屈を弄する事とは全く違うはずだ。法律の専門家として判決に基づき事件を客観的に捉え、依頼人に犯した罪を正しく認識させ、それを償う道を諭すのも弁護人の使命じゃないだろうか。でないと被害者はもとより加害者さえ救われない。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。