ヘタからヘタレになった民主党

昨日の民主党両院議員総会の席上、小沢代表は「来たる衆院選での必勝と、政権交代の実現に向け、挙党一致の態勢をより強固にするため、敢えてこの身を投げ打つ事を決意した」と11日の記者会見に続いて辞任理由を述べた。

その是非はともあれ、これで新代表と共に支持率が低下していた民主党が新生する絶好の舞台が整った。神風級の大チャンス到来だ! ・・・と思ったのも束の間だった。民主党代表選は、党内の異論反論を寄せ付けず、告示・投開票まで16日のわずか一日で行なう事が了承されてしまったのである。

つくづくヘタな連中だと昨日のエントリでも書いたが、やっぱりヘタな連中だった。

現段階の立候補予定者は、鳩山由紀夫幹事長(62)、岡田克也副代表(55)の2氏という。これでは裏を返せば、親小沢vs反(非)小沢の代理戦争に他ならない。両氏の一騎打ちなら党内に亀裂が生じる事は避けられず、挙党一致など望むべくもない。結局、バラバラな寄り合い所帯というイメージは刷新されず終いだろう。

劣勢を覆し、次期首相候補も含めて自民党に圧勝するためには、もっと正確に言えば、少なくとも次期総選挙だけには勝つ。そのためには何より斬新な代表の存在が絶対条件だ。それはもちろん鳩山氏、岡田氏のどちらでもないのは明白である。

一部でウワサされたが、ズバリ! 「ミスター年金」長妻昭氏でどうだろうか?

知名度は言うまでもなく全国区、年金問題、居酒屋タクシー問題と業績面でも申し分なし。後は政治経験だけだが、そこはそれ挙党一致で支えればいいじゃないか。そのためにベテランや古株がいるのだ。この体制なら国民の支持も急上昇するに違いない。

これこそ起死回生の一手、究極の戦略だろう。逆に、長妻氏でも支持を得られなければ政権交代なんてスッパリ諦めて、地道に政界再編に走ればいい。

さらに透明性を重視するのなら、告示から1週間程度かけて彼を含めた候補者同士が丁々発止の如く政策をぶつけ合えば、マスコミはこぞって取り上げるし、イメージ回復のための大きなアピールになるのだ。だのに、この連中は愚かにも千載一遇の大チャンスを自ら潰してしまったのである。

つくづくヘタ、いやヘタレ連中だ!

代理戦争ゆえ、長引けば世論も含めた反(非)小沢勢力が有利になると踏んでの親小沢執行部の思惑だろうが、そうだとすれば実に身勝手で下らん理由じゃないか。お前らは本当に自民党に勝ちたいのか? 政権交代への本気度などちっとも伝わって来んわ!

まだ時間はある。目先の私利私欲じゃなく、先を見据えた大局観を持って代表選イベントを盛り上げて欲しい。私は長妻代表=長妻首相の誕生を望む!




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-