こんなところでケータイ・スレイヴ

通勤ルートを大江戸線から丸の内線・副都心線へ変えて早や8ヶ月になろうとしている。

新宿方向のスシ詰めラッシュで有名な丸の内線も、最初のうちは9時台ともなればだいぶ余裕があった。ところが最近では8時台も9時台もあまり変わらなくなった。おまけに新宿駅の混雑の影響で、停止信号による途中停車が2度3度ある。その結果、この時間帯はたった数駅先に行くために要する時間が平時の倍近くなってしまうのである。

今日も人の波に乗って乗り込んだら背中に何かが当たった。さらに背中をグッと押し返して来るではないか。押された背中の位置から察すると、どうやら女性の肘のようだ。でもなぜ肘? 胸をかばうのなら腕全体でガードするだろうし、あるいは抱いたバッグが当たる感触もアリだろう。

ここで間違っても痴漢などと思われては困るので、さりげなくそっと背後を見ると、何と彼女はひたすらケータイを操作していたのだ。ラッシュで人波に押されても、そのための空間を確保したいがために肘で押し返して来たというワケである。気が付けば左の男性は自分の顔の高さまでケータイを差し上げてメールチェック、右側の別の女性は真下を向いてひたすら写メを覗き込んでいる。

乗車率100%を越え、立錐の余地もないほどのこの状況の中でもケータイを見ずにはいられないと言うのか? そのためには肘で自分だけの空間を確保する事も厭わないと言うのか? 繰り返すが、ここは誰もが相当に窮屈な思いを強いられている通勤電車の車内だぞ! おまけにケータイを開閉する音が何とうっとうしい事よ!

そう言えばこの前、ニュースで「ケータイ中毒人間」なるものを取り上げていた。何と食事中も入浴中も就寝中に至るまでも、片時もケータイが手放せない連中がいるという。その理由は友人・知人からの実に100通に近い数のメールチェックのためだそうだ。それらに短時間に返信しなければお互いの関係にヒビが入るので戦々恐々なんだとか。ケータイは命の次に大事で、これが無いと生きていけないとまで言ってた。

これでは中毒(ジャンキー)どころか奴隷(スレイヴ)である。

自分の家でケータイ・スレイヴになってる分には他人の迷惑にもならないだろうから好きにしてれば良い。ただし、ケータイでの通話はもちろんだが、メールを打つというのも十分プライベートな姿態である。それを公共の場に持ち込んで晒してしまう感性が理解できないのだ。プライバシーを公に晒す事に恥というものを感じないのだろうか?

多分感じないのだろう。感じるんだったら電車内で化粧する娼婦のような女も、遠足よろしく飲み食いする輩も、人目も憚らず乳繰り合うカップルもいないはずだ。プライベートとパブリックとのケジメ、節度を持たない事に恥を感じないのも、ひとえに厳しさも躾のカケラもない近年のぬるま湯教育の結果なのだと思う事にして、私はそこから思考を離脱させた。

・・・・・・・

副都心線に乗り換えたら、入学式なのか入社式なのか、下ろしたてのスーツを着た母子連れが乗り込んで来た。

見ると、スーツのサイドベンツにはしつけ糸が付いたまま、袖口にはサイズを示すタグがぶら下がっていた。どこからやって来たのかは知らないけれど、少なくとも家からここまでの間、その格好を世間に晒し続けたんだと思うと少しばかり可哀想だった。当の本人は、座席に座っている母親との会話に夢中で一向に気が付かない。

それをとやかく言うつもりは毛頭ない。新しいスタートを切った若者の微笑ましい春の一幕というだけの話である。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ