FC2ブログ

お次は四国

やはり研修の連投はキツい。まして旧知の後輩と一緒に飲み、かつしこたま歌えば、翌日は絵に描いたような二日酔いもむべなるかな。

その九州研修連チャンも終わっていったん帰京後、再び午前半休をかまして夕刻の便で四国・高松へ。

高松は瀬戸内海側なので魚介類の宝庫だというイメージがあるが、実は魚介類は外で食べると安くはないという話をよく聞く。これはかつて経験した「高松伝説」で、はからずも証明した通りである。あ、そうそう、その伝説の店はなぜか去年からなくなっていた。

高松の地にここまで何回か訪れてわかった事だが、どの場所でも焼き鳥屋の密度がかなり高い。ちょっと賑やかな盛り場であろうが、それから少し離れた地味な地域であろうが、「焼き鳥」の標榜を掲げた店が目立つのである。

前回、同僚達と訪れた人気店が「鳥長」だった。どのメニューもレベルが高く、地元でも予約を入れないと入れないほどの人気店だというのがよく分かる。だが、唯一と言ってもいい欠点が、膝ナンコツ焼がなかった事である。

そこで今回、目星を付けたのが「ひよりや」である。ただ、この店は4月末から移動したらしく、手にしたYahoo地図では辿り着けず、タクシーで再移動せざるを得なかった。でもそこには「膝ナンコツ焼」があった。それさえあれば言う事なしの私は、直ちに10本オーダーした。

この店の特筆すべきは、テーブルに保温用の炭火が入った網焼きセットが置いてあるという事だ。これにより、焼き物が冷める事を気にせず、ゆっくり食らいつけるのである。また、2人の女性スタッフも明るくいいキャラだ。

さらに生モノには、鳥レバ刺と砂ギモ刺があるではないか! 特にスナギモ刺、すなわちズリ刺は、よほど新鮮でないと食べられないとカミさんも言ってた。ましてやそれが大好物の同僚の喜ぶまい事か!

先ほども書いたが、この高松には両方の店に行く途中ですら、数々の焼き鳥屋が並んでいる。この店も地元民のグループが次々に入って来た。

だから高松では、焼き鳥・鶏料理をメインに据えて、シメを讃岐うどんでいくというのが飲み会の本線ではなかろうかとも思ってしまう。少なくとも我々はそのコースで大満足だった。

さて、そう来れば、もはやこの地で足りないのは、歌が歌えるリーズナブルなスナックである。今回はそこまで探求する余裕がなかった。誰か教えてくれ。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger