研修職人をナメんなよ!

日本代表が韓国代表を下しWBC2連覇を達成した昨夜、おいしい夕食&酒が待っているはずだった。

「マーケ部門との緊急の電話会議があるそうです。どうされます?」という言葉をパートナーから聞いたのは昨日の朝。どうするもこうするも、パートナーの彼が参加するんだったら私も参加するのは必然だ。だが、奇妙な事に会議のテーマはこの段階でも伝えられていなかった。

スペシャルゲスト参入により、いつもより遅めに終了した研修の会場を後にして、それぞれのホテルに戻ったのは会議スタート時間の15分前だった。そこから慌ててノートPCを立ち上げ、ホテルの固定電話から電話会議にアクセスして準備完了、やがて会議は始まった。

始まってから初めて知った会議テーマは、とある研修会場で起きた出来事だった。一つは受講者からの質問の回答に窮した件、もう一つは研修の進め方に対する件だった。そしてよくよく見ると、後者の事例の当事者は事もあろうに私自身だったのである。

本人からの申し出によって研修のオブザーブに来ていたマーケ部門の若い新任担当者が、私の研修を見て重大な欠陥が見受けられたと彼の上長にレポートしたのが事の発端だった。曰く、「重要なプロモーション・メッセージが受講者に伝わっていない」「あるデータに関してウソの発言をした」というものだった。

どうやら日頃から研修部門に疑念を抱いているその上長にとっても、ここがツッコミどころだったのだろう、さらに上長である部長に進言し、我々研修部門との電話会議を申し入れたというのが事の顛末だったようだ。

この展開に私は驚きつつも、求められるままに私の見解を率直に述べた。

指摘された私の言動は、私の考えに基づくトレーナー・テクニックの一つとして行なったものであり、オブザーバーの新任担当者が誤解したような意図は何もない事を申し述べた。データ説明も予演会で得られた回答に基づく発言であるという事も述べた。だが、さすがに私にも少なからぬ怒りが込み上げて来たため、十分な言葉を尽くすと言うよりも最低限のセリフのみで抗議の意を兼ねて沈黙したという展開となった。

後から聞いた話によれば、私の部署の上長はそのレポートを真正面から受け止めてはおらず、むしろ徒に事を荒立てずに収束させたいという意向だと知って安心した。分かってくれる人は分かってくれている。ただ、願わくば当事者の一人である私には事前説明をして欲しかった。

研修を行なうトレーナーの一員として、私には大いなる自負がある。それは各製品のプロモーションを受講者に如何に現場で実行しようと思わすか、メリットを訴求して強力にモチベートするかという事に対してトレーナーの誰よりも考え、たとえアジ演説臭いと言われようがキッチリ研修の場で強調して来たという自信がある。そんな事など、予演会にも研修会場にも足を運んでいないマーケの上長連中が理解しているとは到底思えない。

新任担当者はそこの点を見てくれなかったのだろうか? 残念ながら答えは「ノー」だろう。

今回の彼のレポートの文面には、研修やトレーナーに対する良い面のコメントは一つもなく、すべてが批判的な面のみを挙げつらっていた。しかも前向きな意見や提案なども全く無かった。私はその点が素直に受け入れられず、逆に何かの意図すら感じてしまうのである。事実、オブザーブしていた時の彼は私に笑みさえ湛え、よもやこんなネガティブなレポートを上げるなど、その時はオクビにも出さなかった。

もし彼が研修部門に友好的なスタンスだったとすれば、まずは当事者である私に意見なり提案をすべきだったんじゃなかろうか? そうすれば意思疎通も出来、再度念押しするなど修正がその場ですぐに出来ただろう。その方がよっぽど受講者にとってハッピーだったのは言うまでもない。わざわざレポートする日まで溜め込む必要もなかろうに。

そういうワケで、ただでさえ昨夜飲み過ぎて金欠に悩んでいるパートナーを強引に誘って、水炊きの「華味鶏 博多駅前店」に出向き、飲み放題付きのコースで閉店まで粘るハメになった。これが飲まずにおらりょうか、ってなモンである。

さっきまでの研修で不眠を訴える患者へのプロモーションを語っていた私自身が、今夜はまだまだ眠れそうにない。

だからと言って、私はこのスタイルを変えるつもりは全くない。それどころか、新組織になったために多少発言を遠慮していたコンテンツにさらなるツッコミを入れて、もっともっと強力なものにしてやろうと思っている。フン、今度はマーケ連中が思いもよらない完成度にまで仕上げてやろうじゃないか!




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-