終わる時のせめてもの希望

珍しく5日連続でエントリをアップしてしまった後遺症なかもしれないが、ニュースを見ても、ネット巡りをしても書きたいテーマが浮かんで来ない。それ以前に、直近のエントリではアップ後3日間で100を越すアクセスがあり、テーマ一つでこうも反応が違って来るものかと驚いている。

ま、こんな時は身近な話題でも綴っておいて、そのうちまた書きたい事が出て来るのを待つに限る。

ここ数日、ついエアコンの暖房のスイッチを押してしまうほどの寒さを感じている。秋ってこんなに速く過ぎ行くものだったろうか。急に最高気温が15℃前後をウロチョロしだすと、何だか冬に急かされているような気がしてならない。まるでそれに呼応するかのように、私の身体も冬支度に入ったみたいで、何やら腹のあたりが貯蔵作業を始めているようである。来月、ドックの再検査外来が待ってるっていうのに。

それでなくても最近同僚から「おなかの肉付きが良くなったんじゃないの?」などと言われる始末。そりゃあ、この年代ともなりゃあ、多少肥えても来るのが普通ってモンだと開き直っている。スタイルも商売のうちの芸能人だって、結構キテる人も多いじゃないか。永遠の若大将の加山雄三、前にも書いたジュリーなどの還暦突破組や、見事なほどの痩身だった松山千春やさだまさしでさえも。

まあ他人はどうあれ、きちんと節制しておかないと脳血管障害や心臓病、あるいは糖尿病が成れの果てよ、などとカミさんなどはのたまうが、およそ2年半前から禁煙している私は、肺がん発症予防による寿命の延長はすでに50日を超えている(デスクトップに置いている卒煙支援ソフトによれば)。

そう、癌は他の疾患とは違う。最近は「癌」と書かずに「がん」と書くそうだが、今年だけでも緒方拳氏は肝がんで、峰岸徹氏、筑紫哲也氏が肺がんで死亡し、鳥越俊太郎氏、吉田拓郎氏は肺がんと闘っている。会社の古い同僚のT氏も拓郎と同じ時期に肺がんが見つかり、現在も闘病中である。肺がんと喫煙だけでなく、食道がんと熱い食べ物、大腸がんと低繊維・高脂肪食などの関係は従来から指摘されてはいるものの、当然それだけががんの原因とはならない。

がんは、どんなに節制しようと出来る人には出来るだろうし、遺伝も含めたそのリスクファクターを完全に取り除く事など不可能である。反対に、ヘタに脳血管障害の後遺症で寝たきりになったり、重度の麻痺のある身体になったり、そうでなくても認知症を患ってすべてを忘却しながら生きながらえる事にどこまで意味があるのかと、この年代になったせいでもあろうか、しみじみと実感を持って考えてしまうのである。

私も本能的には一日でも長く生きたいとは思っているが、それはあくまで「今の状態のままなら」という条件付きである。ちょっとシリアスな話になるが、ほぼ今の状態のまま、もし今後20~30年の間のある晩、美味い酒と美味い肴で目一杯楽しい宴会をやって燃えつきて寝た翌朝、家族が気がつくと死んでいた、というのが私の死の理想である。この思いはいつでも変わりはないが、現代医学の下ではそううまくは行かない。ウッカリするとヘタに生かされてしまうからである。私はムリに生かされるのではなく、自然に終わりたいだけなのだ。

だから常日頃、もし私が倒れていたら救急車を呼ぶのを少なくとも2時間以上は待てと家族に言っている。心臓発作や脳出血ならその間にご臨終だからである。それが叶わないのであれば、いっその事、がんを患い徹底的な緩和ケアで終わった方がマシとさえ思っている。既に述べたように、私が最も恐れるのは寝たきりと認知症で、こうなってしまうと自分のために家族などの周りも共倒れしてしまうからである。残酷なようだが、私は自分の親にもそんな死に様であって欲しいという話を平気でしているし、親も同じ考えである。

大きな金と名誉を手にした者ほど醜いくらいに生に執着するとも言う。幸い、私はそれとは縁遠い人生を送ってきた。だからというワケではないが、生への未練は不思議と多くはない。あっさりポックリ逝けるなら、明日の朝でも構わないとさえ思うものの、自殺を除いて自らの意思でそれが選択できないのが人間の辛いところである。近未来、自分で自分の死期を選べるような時代が来たら、私は真っ先に手を挙げたいと思っている。人はどうせ必ず死ぬ、お先に失礼である。

・・・・・・・

21時36分、日本シリーズの覇者が決まった。渡辺ライオンズが原ジャイアンツを4勝3敗で破り、4年ぶり13度目の日本一に輝いた。プロ野球に興味を失い、ここ何年もシーズン中の試合をほとんど見て来なかったが、最後くらいは看取ってやろうと思い、今日だけは試合開始から見ていた。

さて、明日の朝も寒いそうだが、残念ながらまだ死んではいないと思う。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-