スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宴と紅葉

8月の初島に引き続き、いや、正確には民宿に泊まらざるを得なかった初島キャンプのリベンジというワケで、キャンプには季節はずれの紅葉シーズンに昨年と同じ山梨の「明野ふれあいの里」に乗り込んだ。

レギュラーメンバーの同僚O君とグータラK君は知り合いのゴルフコンペの幹事という事で欠席。その代わり新婚のN君夫妻、N君の部下4名が浜松から参戦、こちらからは開発関係部署のおネエさま方(三十路過ぎの「いいをんな」と言っておこう)が4名、同僚S君親子、幹事のHさん、そして今回の送別ゲストのYさんの計15名と過去最多の参加者を数え、キャビン3棟で盛大に開催された。

皆の期待No1はアウトドアクッキングのシェフ、N君の料理とK子夫人とのご対面だった。前回の初島で彼女の写真は見たが、実物はそれ以上にキュートで可愛らしい女性という印象を受けた。N君、今度は離すなよ! そんな夫婦協働調理による数々の料理に全員が驚き、同時に舌鼓を打ったのは言うまでも無い。

やがて夜も更け、メイン宴会場の10人用キャビンに全員が車座になっての二次会に突入。ここで私が持参した「天使の誘惑」と「醸し人九平次 雄町」の四号瓶も含め、ビールはもちろん、焼酎の一升瓶やらワインやらカクテルやらの買ってきた酒全てがきれいに片付いてしまったのである。酒の余りナシというのは初めての事だったが、それほど皆さん気持ちのいい飲みっぷりだった。

さて、続いて私の企画、送別会で披露できなかったYさんのための替え歌ライブである。この日のためにハードケースや譜面台まで購入し、弦を静か目のコンパウンドに張り替えて準備は万端だった。でも実はこれが大失敗! すでに本人の自覚以上に大幅に酔っ払ってしまっていたようで、音程も合わなきゃ指もマトモに動かない。結局、替え歌もN君夫妻へのお祝いの歌も単なるド下手な出し物に終わってしまった。もっと早い時間帯にやるべきだった。大いに自己嫌悪。

それでも気持ちを持ち直し、あれやこれやの宴会が日付変更線を過ぎるまで続いた。あれほどたくさん買い込んだ乾物・菓子類も見事に姿を消し、ついにシェフの土鍋の炊き込みご飯まで登場。いつもより平均年齢の若かった分、その食欲たるや恐るべしだった。

翌日の撤収後は、N君たち西組と別れ、みずがき湖を基点とする紅葉周遊ドライブに出かけた。塩川ダムによって堰き止められて出来た湖を望むビジターセンターでは、植えられた木々の色とりどりの紅葉と遠くの山を染めた紅葉とが入り混じり、早くも期待通りの景色が展開されていた。

その近くの増富ラジウム温泉郷の立ち寄り湯にてひとっ風呂浴び、さらにみずがき山へと上って行く。そこには紅葉のトンネルなど、紅葉街道と呼ぶにふさわしい錦秋の絶景が待っていた。やがてそれはみずがき山自然公園で集大成に至ったのである。

さすがは甲斐の山々を抱く山梨。先日の秩父よりも数段進んだ紅葉をこれでもかと味わわせてくれた。ぐるっと回って再びみずがき湖へと戻るこの周回ルートは、この時期の休日にも関わらず車の量も少なく、まさに穴場と言っていいオススメルートだ。今度またぜひ走ってみたい。

それにしても助手席のY子。三半規管が異常に弱いと自分でも言っていたが、乗り物にはてんで弱く、うっかりするとすぐに酔ってしまうので、スキあらば眠ってしまいたいらしい。女性とは思えぬその寝姿、大口を開けて寝ては起き、起きてはグミ菓子をつまみ食いの繰り返し、だからナビを頼んでもほとんど役立たず。それはそれは大変だった。

極め付けは帰りの中央道。途中から先行した我々の後方でキャンプ用具をどっさり積んだHさんの四駆。併走していたキャンピングカーがいきなり左の路肩へ寄って行き、2回接触しパンクしたとか。バランスを崩した車は、今度はセンターの植え込みに激突し、そのまま横転ではなく前転するという事故を目の前で見たらしい。居眠り運転が原因だろうが、まるでアクション映画である。当然そこから10km以上の事故渋滞が生じたのだが、もしも我々があと5分高速に乗るのが遅れていたらこの事故渋滞にハマッていた。くわばらくわばら。

女性陣との昨日の集合場所だった調布駅南口に再び帰り着き、来年夏の再会を約し解散。私は下道の甲州街道をそのまま走り続けて19時前に帰宅。例によって祭りの後の寂しさを噛み締めつつこれを書いている。参加した皆さん、お疲れさま!





関連記事

COMMENT

No title

いやいや面目ない。
学生時代に結婚披露宴でやった時はうまくできたんですが、これも歳のせい? いやいや酒のせいにしておこう。

ともあれ、次回もシェフの新作を期待してます。

お疲れさまでした

過分な紹介、恐れ入ります
是非次回のキャンプも誘っていただきたいと思います

少し寒いかな、と心配してましたが夏よりも虫が少なく、快適に過ごせました

・・・まともに歩けなくなってからの歌は無理がありますよね

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。