プロフェッショナルたるもの

「ホンマによう晴れはりましたなぁ」と、思わずタクシーの運転手が漏らしたほど、絶好の観光日和になった昨日の京都。そんな晴天には全く関係なく、悲しきカンヅメ研修を終えたのは黄昏時だった。感慨に耽る間もなく、翌日からの会場である大阪へと移動した。

大阪のマイブームと言えば福島の街だ。この夜は、今週から再びパートナーになった女性同僚と魚介居酒屋「大黒」のカウンターに辿り着き、例によって思いつくまま刺身6~7種を一つ盛りにしてもらい、その他いくつかの料理共々日本酒や焼酎片手に気持ち良く平らげた。会計は2人で¥7000円少々、いいかげんにしなさいとツッコミたいほど安い。ホテルに帰ったらニュース番組が始まっていた。

麻生内閣の閣僚名簿を本人自ら発表するという、異例の会見。でもその中身は、18名の閣僚のうち世襲議員が実に15名を占める「オレ様内閣」だった。戦後最年少で初入閣した小渕優子氏は34歳の若さだ。これはまさしく麻生氏個人を際立たせ、政権交代ではなく麻生対小沢の選択を争点にしたい思惑が垣間見える、地味で小粒な人選だ。それが証拠にメンバーの迫力がいかにも乏しく、それゆえプロの政治家集団という臭いも希薄だ。これでは「選挙管理内閣」と揶揄されても仕方あるまい。

何気にチャンネルを替えたら、画面にジュリーの顔が大写しになった。どうやらNHKの音楽番組の沢田研二オンステージらしい。往年のヒット曲こそ耳に心地良かったものの、目に映ったその姿は中年太りした還暦OYAJIそのものだった。「寺内貫太郎一家」という大昔のドラマで、稀木希林扮する婆チャンが壁のポスターに向かって身悶えながら叫んだ、あのジュリーの姿はどこにも無かった。

金髪と二重アゴ、大きく膨らんだ顔はとても正視に耐えず、「危険なふたり」で踏んだフォワードステップに至っては、まるでお笑い芸人の芋洗坂係長である。GS時代、トップグループだったタイガースの華麗なボーカリストのイメージは、歌声を除いて悲しいほど消え去っていた。それでも往年のスターが年齢を重ねてなお芸能界の表舞台に立つのであれば、プロポーションくらいはせめて許容範囲内に整えて、ファンの大切な思い出を壊さないで欲しい。

「相棒」で再ブレークした水谷豊氏がインタビューで若い頃の体型を維持している事を訊かれ、いみじくもこう言ったのを思い出した。

「俳優という仕事をしていますから。体型を維持できなければ辞めます」

これぞプロフェッショナルだと唸らされた。商品である自分を律せなくては、とても第一線は務まらない。そうでなければ、ただ過去の財産に依存しているか甘えているだけだろう。

これが芸能人ならば、見たくなければ見なければいいし、聴きたくなければ聴かなければそれで済む。だが、政治は違う。その如何によっては我々の生活が大きな影響を受ける。それだけではない。我々一般市民が携わっている仕事でも同じだ。その成果によっては、それぞれの人生が決して少なくない影響を受けるだろう。それらにこそ真のプロフェッショナルが求められる。

・・・・・・・

さて、もうすぐ古い同僚との再会の時間が来る。実は彼の去就が、私が名古屋から東京へ戻る大きなキッカケになった。それ以来、実に6年ぶりに酒を酌み交わす。懐かしい顔を見ながら積もる話を語り合う浪速の秋、それもまたいいものだ。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-