スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニュアルとホスピタリティ

家の近くに、都内に何軒か支店を出している居酒屋がある。

ランチタイムにはラーメンや手延べ餃子などを中心としたメニューがあり、その中でも熟成白味噌と国産小麦粉麺を使った「北海味噌ラーメン」は秀逸で、特に上に盛られたモヤシや玉ねぎ、ニンジンやニラなどの野菜や豚肉と共に醸し出される味のハーモニーは抜群なのである。七味と炒りゴマを多めにかけていただくのが私のいつもの流儀である。

日頃から贔屓にしている「なかむら」でさえ、こと味噌ラーメンだけはここに一歩譲るだろう。見事に札幌風味噌ラーメンと言うべき完成度なのだ。値段は780円とチトお高いものの、どこにもない食後の満足感を味わいたくて時々足を向けるのである。

私が訪れるのは休日の昼下がりと決めている。平日にはできない事だが、雑誌でも眺めながらゆったりと食べたいからである。明るく広めのスペースに雑誌を左にどんぶりを右にセットして、時間を気にしないペースで食べたいのである。

ところが、ひとつ困った事があるのだ。

この店の中心は大き目のテーブル席で、それが10卓以上あり優に40人以上は座れる広さがある。ところが一人で入店すると、どんなに空いていようが、荷物やバッグを抱えていようが、女性スタッフは例外なく「お一人様ですか~、カウンターへどうぞ~!」と言い放ち、店の隅の5~6人程が座れる薄暗いカウンター席を強要するのである。

昼飯時の込み合う時間帯ならそれも当然だが、テーブル席にほとんど客がいない時でさえ、隅っこのカウンター席だけは4~5人がひしめいているという事がままあるのだ。私は今日もクリーニング帰りにトートバッグに雑誌を入れ、この店の扉をくぐった。

だが、その時は幸運にもカウンター席がほぼ満席状態だったので、さすがの女性スタッフもいつもの声は出せず、4人掛けのテーブル席に座れた。と言っても、この時点で残りのテーブル席の客はゼロ。つまり店の客はカウンターに座っている4人と私だけだったのである。

やがてカウンター席の一人が出て行ったのと同時に、一人の年配の男性客が入ってきた。すかさず女性スタッフの「カウンター席へどうぞ~!」の声。だが、それが耳に止まらなかったのか、彼はテーブル席の方へ向かいかけた。途端、「お客様~! カウンターへ~!」とさらに大きな声。さすがに気づいた彼、昼なお薄暗いカウンターへ踵を返した。

私の言いたい事はもう察しがつくだろう。

客を効率よく配置して座らせるのは飲食店の基本だというのは良く分かる。女性スタッフもマニュアルとしてそれを十分心得ているのだろうが、それは繁忙期の対処であって、ガラガラの時まで無理やり通すのはいかがなものだろうか? 

誰だってゆったりと食事したいのである。だが、混雑時にテーブル席を一人で独占するのは忍びない。その場合でも相席は覚悟の上だし、グループで来る客のためにテーブル席を優先して空けておくのも納得できる。それは十分に分かった上で言っているのである。

だからこそ、せめて空いている時ぐらいはお一人様でも好きな席に座らせたらどうだろう。こんな事は、一度でもマニュアル抜きで客の気持ちになってみれば分かると思うのだが・・・。

臨機応変、それが客商売のホスピタリティというモンだろうに。

それさえなければ、この店にはもっと足繁く通っていただろうなと思う。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。