こいつはミラクルだ!

2大会連続金メダル! おまけに前人未到の58秒台の世界新記録のミラクル付き! 100m平泳ぎの北島康介選手(25)の偉業に心から拍手を送りたい。

ただでさえ入れ替わりの激しい競泳界にあって、アテネ大会で100m、200mを制した後のスランプ。ライバル、ブレンダン・ハンセン選手に一度も勝てなくなり、記録でも大きく引き離された時期もあった。国内ですら勝てない時期もあった。普通ならこれで引退しても、誰しもが納得するところだが、彼は再び立ち上がって来た。決勝の場で完璧なレースができたというのは、重圧と自分に克った証しの何ものでもない。

強さも弱さも隠さない彼の態度は時に不遜にも見えたが、あらゆるどん底を味わいながら、いろいろなものと必死で戦っていたんだなと思う。悲願の4WD泳法が完成したのは実に今年になってからだったそうだ。そして彼はそれを引っさげて、この大一番に最高の結果を示してくれた。彼はまぎれもなく強い男だった。200mもがんばれ!

・・・・・・・

バドミントンは、注目の小椋久美子(25)・潮田玲子(24)組こと「オグ・シオ」ペアが注目されているが、彼女達の初勝利に続いて、末綱聡子(27)・前田美順(22)組こと「スエ・マエ」ペアが、これまたミラクルを成し遂げた。アテネ五輪金メダルで世界ランクトップの楊・張潔組(中国)を下す大金星を挙げたのである!

彼女達がスゴいのは、対戦相手が中国ペアだったため、会場には多くの中国人観客と中国メディアが詰め掛け、中国ペアがスマッシュを打つたびに大きな掛け声が掛かる完全アウエー状態の中で、己れを見失う事なく戦った事である。それにしても中国ペアが打つたび、観客が気合の掛け声を上げるのはマナーに反しないのか? 相手は相当やりにくかったに違いない。

互いにケンカをした事のない「オグ・シオ」ペアと違い、この「スエ・マエ」ペアは、以前はお互いの調子が悪い時に精神的に切れてしまって敗れる事があったという。この試合でも末綱選手は「自分が切れた試合は良い結果が出せていないし、試合後も2人がギクシャクして気分が悪かった。今日は我慢したと言うか、こういう場に立って気持ち悪いまま終わりたくなかった」と、辛抱強く前田選手の復調を待った。

前田選手も「昔だったら、今日の第1ゲームはお互いがギクシャクしていたかもしれないです。でも、先輩も私のダメさに我慢して自分の事をやってくれているし、私も切れないように我慢していつものプレーに戻ろうと思っていました。それまでは絶対に待っててくれてると思ってやりました」と奮起した結果が、日本勢初となる準決勝進出を呼び込んだのである。

・・・・・・・

スポーツの世界に限らず、協働して何かを成す「プロジェクト」の場合、得てして仲良しグループに成功は少ない。誰がやっても成功できるようなモノは、もとよりプロジェクトとは呼べない。当然、プロジェクトに困難は付き物で、それを乗り越えて成功させるためには、メンバーの本音のぶつかり合いを恐れてはならないのである。

特に日本人に良しとされる、調和という仮面を被った妥協や馴れ合いをどう解消していくかがプロジェクト・リーダーには求められる。逆に、リーダーがいかに早くそれを引き出せるかどうかで成功が決まると言っても過言ではなかろう。金太郎アメのような集団よりも個性派の集団の方が、そのポテンシャルは遥かに高い。メンバーの本音と本気を引き出して調整できるタイプのリーダーが最も成功者に近いのである。

あなたの周りにそんな人はいるだろうか?




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ