マナーモード

予想通り灼熱の岡山から四国・高松へと研修瀬戸内ツアーを終えて帰京。一夜明けた東京は今年最高の猛暑の予感。とにかくクソ暑い。これで午前中のプロ用ビデオカメラによる撮影説明会さえなければ、今日はOFFにするつもりだったのに。

この暑さに今までの通勤経路を副都心線に変えて徒歩部分を短縮する事にした。これで自宅~最寄駅が約3分、最寄駅~会社も約2分とますますドア to ドアになる。この路線だと乗換えが生じるが、駅数は4つと今までと変わらないので、通勤時間も大差ないだろう。暑い季節はこれでいい。

・・・・・・・

ネットのニュース配信によると、アイシェアによる「マナーモードに関する意識調査」によれば、1日のうちで携帯電話を「ほとんどマナーモード」にしているのは54.8%と過半数に達し、「ややマナーモードが多い」と合わせると63.8%にのぼり、通常モード派の2倍以上だった。ほぼ3人に2人が通常モードよりマナーモードの方が長いという事になる。

性別で見ると、「ほとんどマナーモード」と回答したのは、男性が58%、女性が51.1%。年代別に見ると、、若い世代ほど「ほとんどマナーモード」の比率が高く、20代で61.2%、40代で45.1%だった。逆に「ほとんど通常モード」としたのは、40代の30.1%が最も高く、20代の倍以上の比率だった。女性より男性の方が、また世代が低いほど、呼び出し音を気にしている事がうかがえた。

そう言えば、電車の中などで着信音が高らかに鳴るのは、一時は若い世代に多かったが、最近はOYAJI世代によく見られる。しかもそれは着メロではなく、通常の電子音である事が多い。当然仕事関係の通話なのだろうが、どちらにしても見苦しいのには変わりない。

携帯電話から発せられる電磁波が計器に悪影響を及ぼす危険性があるとされて以来、その真偽はともかく、旅客機などでの電源OFFがしつこく言われているが、実際はマナーモードにしている程度で、いちいち電源OFFしている人は少ないだろう。これは電車内であろうと医療施設内であろうと同様だ。

電源OFFが要求されている場所でのマナーモードの是非よりも、通常モードのままで着信音が鳴った時の方が遥かにバツが悪い。旅客機の中でも病棟内でもそんな人をよく見かけるが、せめてマナーモードであったら白い目で見られることも無かろうに。中には緊急連絡を受けなければならないという人もいるかもしれないが、本当に用事がある人は留守電にメッセージを入れるので、マナーモードにさえしておけば事足りる。

こうして見ると、携帯電話メーカーが盛んに宣伝している「着うた」だろうが「着メロ」だろうが、面白いのは自分でそれを聴く時ぐらいで、着信音として鳴らせるにはそれなりの勇気が要るという事である。時と場所によっていちいち切り替えるのも面倒だし、ウッカリもしやすい。過半数がほとんどマナーモードにしているという調査結果は、その面で正しいと言えるだろう。

・・・・・・・

さて今夜、現地時間午後8時8分から北京オリンピックの開会式がある。日本時間では午後9時ちょうどになる。帰省中の息子と一緒にたまにはテレビ観賞もいいかもしれない。エアコンとビールがあるぶん、少なくとも現地の北京よりは特等席には違いない。さて、帰ろう。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-