使い回し改造内閣

閣僚13人が入れ替わる大幅改造となった「福田改造内閣」。それでも福田首相のキャラと自民党のリソースからすれば、あっと驚くようなサプライズ人事など望むべくもなし。

総裁選でのライバル候補であり、敗戦後は考え方の違いという理由で入閣を固辞した麻生太郎氏(67)を幹事長に起用し、支持率の回復を狙ったのは「あざとさ」か。だが、麻生氏も次期総裁へのバックアップを条件に敗北必至の衆院選挙の火中の栗拾いに出た。

あざといと言えば、小泉政権で優勢民営化に反対して離党した野田聖子氏(47)を復党わずかで消費者行政・科学技術相へ起用した。彼女の知名度と女性閣僚という華、さらには小泉路線への決別を表したのだろうが、一方で小池百合子氏や小渕優子氏など起用はなかった。たぶん福田さんは彼女らが好きではないと思われる。風見鶏の小池氏あたりは逆に断ったのかもしれないが。

官僚の言いなりだったスターウォーズのカエルの化け物顔の冬柴鐵三氏(72)を交代させた国土交通相。あの顔でエラそうに官僚寄りの詭弁を弄する姿は見るに耐えなかったが、今度は谷垣禎一氏(63)となってだいぶマシになった。もっともそれは見てくれだけの話で、結局彼も官僚に取り込まれてしまうかどうかは別問題である。

交代人事でガッカリさせられたのが、渡辺喜美行革相だ。これについて意外なほど報道が控え目なのが気になるが、私は由々しき問題人事だと思っている。党内の族議員からの猛反発に晒されながらもどうにか目途が立ってきた行政・公務員制度改革。ここでの交代というのはとてもじゃないが納得がいかない。二階に上げてハシゴを外すとはこういう事である。間違いなくこれで改革は後戻りし、相も変わらず天下り利権と税金のムダ遣いは継続されるだろう。それを覆すパワーが茂木敏充氏(52)にあるだろうか。

後はここで語るべきものはない。もはや過去の人も含め、見たような顔ぶれが出たり入ったりで、新鮮味は全くないし、これをやるという強い意志も感じられない。福田首相の名付けた「安心実現内閣」とは程遠いというのが率直な感想だろう。その証拠に、改造直後に「主役は解散総選挙」などと揶揄される始末だった。

それなら私が名付けよう。「期限切れ・使い回し内閣」でどうだ?




関連記事

COMMENT

内閣の名前はどうでもいいとして、まあ、こんな改造をやるほど解散に近づくと思われ。

名前

出涸らしでいいと思います。
賞味期限切れって食べようと思えば
食べれんことはないし・・

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-