野良カラスに餌付け

あー忙しい。気がつけば4月に入ってまだ2つ目のエントリだった。

先月で全国研修ツアーが終わったと思ったら、今月は大学担当者を対象とした新しい研修のパイロット、すなわち試し切りを東西2支店で実施する。そのためのコンテンツ作成と予演会で連日大わらわだ。おまけに研修アンケートのコメントにちょっとヘコまされたりして、心身共にストレスフルな今日この頃である。

ストレスと言えば、もう一つあった。会社近くにあるプロントは昼食後のコーヒーによく利用している店だが、夜からはダイニングバーみたいになる。我々が行く他の居酒屋などよりリーズナブルなので、軽く引っかけて帰るには最適な店である。

今月はジャックダニエル・キャンペーンとやらで、一杯に一枚、スピードクジが引ける。賞品はA賞~C賞まであり、ロゴ入りのキーホルダーやTシャツ、マウスパッドやステッカーなどだ。その中でエレキギター型のピンバッジが私の目を引いた。訊けば、はずれクジ5枚で交換できると言う。

さっそくメンバー3名とも注文し、クジを引く。何と3本ともB賞のマウスパッド。続いて2杯目、またもB賞が2本、はずれ1本。マウスパッドなんてハナからいらない。目標のピンバッジまで、はずれクジあと4枚と迫った。

次の日。先発隊3名が行ってると聞き、後追い2名で突入。合計12本のクジを引くも、そのすべてが当たり! 私なぞ2本ともA賞という始末! これには店の人も驚いていたが、驚いたのはこっちの方である。こんなにもはずれないクジなんてどこにある? 2日間で18打数17安打、打率9割4分4厘なんてイチローも真っ青だ。

欲しいピンバッジは遥かに遠く、引けども引けども当たってしまうクジと増えていく要りもしない賞品たち。これがストレスでなくて何なんだ?

・・・・・・・

今朝、いつものように情報集のために朝のワイドショーを見ていた。すると、街の野良カラスに餌付けをしている老夫婦が取り上げられていた。映像には、主人と思しき男性が外出すると、その後を10匹近いカラスが着いて行く様が映し出された。男性が角を曲がればカラスも旋回して着いて行く。

この夫婦の自宅の近辺には多数のカラスが常時滞在し、その糞害や子供が襲われる事件などでただでさえ近所迷惑なのに、あろう事かこの夫婦は他人の家の軒先にもエサの豚脂などを置いて行くのである! 各地のゴミ屋敷にも困ったモンだが、連日カラスの大群に見舞われるこの住宅街も尋常ではないなと思いながら見ていた。このテの問題は、老齢がもたらす執着気質によるところが多いという。言わば歪んだガンコジジイである。

その時だった。その夫婦の自宅からヒキの映像になった途端、遠景に何やら見た事のある建物が目に飛び込んで来た。何と、ロイヤルパークホテルとオペラシティタワーではないか! しかもウチから見えるものとさほど変わらない位置関係なのだ!

瞬間、これはウチの区内の事だと悟った。カラスの餌付け禁止の法律というものはないらしく、案の定、しばらくしたら区の名前の入った張り紙が映った。やっぱりそうだったか。という事は、たぶん我が家から2~3km圏内だろうが、ここはモノは考えようである。そこに野良カラスが集まってくれれば、我が家近辺には来ないという事も言える。そういえば、最近はゴミ出しの日もあまりカラスを見なくなったし、ここはひとまず対岸の火事にしておこうかな。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-