相変わらずのウマさ!

春休みという事で息子が帰ってきて早や2週間が過ぎた。帰ってくると決まって一度は焼き肉屋へ行くのだが、私の全国研修ツアーやお気に入りの「なかむら」閉店などで、その機会を失っていた。で、ついに今晩行こうという話になり、目指したのは新中野にある「焼肉食道かぶり」

初めて訪れたのはだいぶ前だったなとブログ検索したら、やはり1年以上も前だった。でもそこには「またもおいしい焼肉屋」と題して、エラく満足した様子が記されてあった。ただしこの店はほとんど予約が利かず、開店後すぐに満席になるので、仕事帰りのカミさんとは直接店で落ち合う事にして早目に息子と家を出た。

店に着いたら、日曜の晩だというのに4つの座敷席はすでに満杯。同じく4つあるテーブル席こそ空いてはいたが、そのうち1席は予約済みだった。今回は息子相手だったので、厚切りのタン塩、レバ、塩カルビ、ハラミの定番はもちろん、大阪天満でお気に入りのホルモン(大阪ではテッチャン)も注文し、それを食べさせた。炭を入れた七輪の上に収まる真っ赤な排気パイプ共々、息子はその味と雰囲気にまんざらでもない様子だった。

男の食いモンは男が教えるのがいい。いいのだけれど、家庭料理ではそれを司どっているのは女だから、女がイニシアチブを取るのは仕方ない。そのアドバンテージは作ってる女の側にあるからだ。とこがそれが外食にまで及んでしまうといささか厄介だ。だから誰にもジャマされないこの機会に、私は息子にホルモン(テッチャン)の味を教えたのである。ホルモンの類なぞ、所詮はカミさんから見れば私だけが食べるゲテモノに過ぎないという認識があるからだ。

そのカミさんが合流し、私の飲み切りサイズの焼酎もなくなりかけた頃、〆の魔具舞(マグマ)ご飯がやって来た。石焼の中にオコゲのご飯と生タマゴ、そこにビピンバの具とユッケジャンスープをかければ、ジュージューとマグマの噴出ような有様になり、それが大いに食感をそそる。これはまぎれもない食の発明だ。そんなこんなで今夜もまたも大満足!

さて、明日からは広島、岡山の瀬戸内研修ツアーが始まる。早春の鰆の刺身に出会えるのを楽しみに頑張っていこう。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-