増えるモノと減るモノ

今日になってようやく気温がフタケタになった。本格的な春には未だ遠いだろうが、何とか三寒四温の態勢までは来たようだ。というワケで、テンプレも明るいデザインへと変更する事にした。

今週は、今年初めてのDJ形式の研修「Webトレーニング」が始まった。出番は6回、1日3回あるうちの13:30スタートで2回、最終回となる16:00スタートで4回登板する。それぞれ「昼下がりのWebトレーナー」、「黄昏時のWebトレーナー」と自称している。

それが終わる来週後半は、沖縄で開催される学会の聴講(2泊3日)だ。去年新発売した製品の使用経験が数多く発表される初の学会だから外せない。それなのに同僚達から一様に「?」という目で見られるのは困ったモンである。あくまで仕事だっちゅーの。たまたま場所が沖縄だっただけだっちゅーの!

で、3月上旬からはまたもや全国研修ツアーが始まる。今回は北海道、大阪×2、東京、埼玉、名古屋、広島、岡山、松本の9ヶ所を担当する。人数の移動があったため、今までより分担が増えた事になる。それがやっと終わりを迎える3月終盤、安堵と共に本格的な春も迎えたいものである。

・・・・・・・

ウチの会社でも退職金の財源の一部個人運用(401Kと呼ばれてたっけ)が導入されようとしている。あと10年前後で定年を迎える年代あたりには大きな影響はないが、若い社員には大きな問題だ。何せ、自分の退職金のおよそ1/3を株やら投資信託などで運用しなくてはならず、その結果によっては退職金が目減りする事態も起こるからである。

人財本部から本社社員への説明会が幾度も行なわれている。私もそれに出席したが、これがクワセ者だった。移行する事で会社が受ける節税などの利益のホンネ部分の説明は一切なく、今より大きな運用益が得られるような架空のシミュレーションを使った説明が続く。実施を急ぐあまり、先に導入した他社の運用実績のデータすら得ていない。これでさもオイシイ話とばかりに理解と協力を求めても、社員は狐につままれるばかりだ。

「生命関連企業なのに、社員に本業以外の金の運用=バクチもしくはギャンブルのような行為に血道を上げさせるのはどうだろうか?」

「そちらが提出を求めている合意書には、どう読んでも個人の運用次第で今の制度よりも減額となる場合があると読めるが、すぐにそれに合意せよと言うのか?」

などと、私は参加者を代表して質問を浴びせた。もちろんもっとキツい口調で。

本来、社員には後顧の憂いなく安心して働いてもらい、退職資金は会社が責任を持って運用し、時期が来たら相応の退職金を支払うというのが会社としてのあり方だと私は思っている。その間、たとえ運用上の減益が生じたとしても、それは会社自らが補填すべきである。その代わり、増益の場合は会社の利益とすれば良い。

社員を金儲けに走らせるべきではないし、やりたいヤツはもうとっくにやっている。素人まで巻き込むなと言いたいのだ。まして世の中はサブプライム問題の株安という最悪のタイミングなのに、それでも今、導入すべきものなのだろうか? 真に社員の利益を考えれば、導入延期の選択肢もあってしかるべきだろう。

さっき、管理職に対する合意書提出の催促メールが届いた。任意であるはずの合意書を管理職には有無を言わさず強制提出を求めるつもりなのか? おあいにくさま、私は出す気はさらさらない。

会社の利益捻出のため、経費削減の名の下の社員負担がまた増える。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-