ダメ会議の救いは研修だった

一昨日から2泊3日で始まった新組織の会議&研修。メンバーはかつての専任営業部隊28名から選抜された15名で、営業部隊のアシストやサポートを主業務とするポジションに替わった。彼らの担当製品は2領域に増え、今回の会議&研修は新たに増えた領域に関するものだった。

その初日、彼らの組織上の上司であり、大学の卒年度が私と同じOさんの仕切りで会議が始まったのだが、それが問題だった。

任命後1ヶ月の活動内容の発表セッションでは、ほとんど全員が引き継ぎをしてきただけだという事が分かっているはずなのに、Oさん自身の状況確認のためだけに敢えて15名全員に発表させているように見えた。同じような発表が延々と続く間延びした時間だけが過ぎてゆく。もとよりこんな事はメンバー全員でシェアする情報ではない。

続いてディスカッションと銘打たれたセッション。この日まで具体的な業務内容も知らされていない連中から、当然のように質問や要望が上がる。必然的に参加メンバー同士のディスカッションとはならず、Oさんとの個人的な質疑応答の様相を呈する。しかも、Oさんからほとんど明確な回答はなく、課題として今後検討するという国会答弁で終始したのである。きちんとトップが決めておかなきゃいかんだろ。

去年、新たな領域の新薬を成功に導いてきたメンバーには、それなりの自負がある。そうでなくてもそれぞれにキャラの立った連中だ。これではモチベーションが上がるワケもなかろう。明らかに準備不足、ネゴ不足だ。こんな会議はやってはいけないといういい見本で、参加者全員ムダな一日を過ごしてしまったなと感じた。

こりゃどうなる事かと思ったが、救いは研修セッションで訪れた。

2日目は終日研修&Dr招聘勉強会。製品責任者からの市場やアウトラインなどの説明に引き続き、ウチの部署の担当トレーナーによる疾患研修が始まった。私はこの研修のまとめ役ではあるが、この製品に関してはまだトレーナーとしての勉強はしておらず、あくまで受講者の一人として参加している。

今回の同僚トレーナーの2人とは担当製品がかぶる部分があり、これまでの研修ツアーでもほとんどペアを組んだ事はなかったため、研修スタイルをまともに見るのは初めてだった。

女性トレーナーは、彼女の性格そのままに語りが明瞭的確で、事前学習やリハーサルも十分やって臨んでいるという事がよく分かった。「段取り八割」のお手本だろう。一方、男性トレーナーはそれとは対照的に、ゆっくりとした話言葉調で進む。どこかとつとつとした語り口にも聞こえる。だが、それがかえって受講者に考える時間の余裕が生まれ、受講者との双方向コミュニケーションを促進する結果となっているのである。本人が意識しているかどうかは知らないが、実にいい味を醸している。これも大いにアリだ。

私にとってこの時間は、私の持っていない、あるいは足りない感性やスキルに気付かされる良い機会になったし、改めて彼らを見直した次第である。どれ、さっそくそのワザを盗ませてもらおう。

ただ、今回の内容を時間制限の厳しい研修ツアーで展開するためのシナリオは、改めて検討し直す必要がある。2日間かけた研修の中でさえも、部分的に彼らに混乱や戸惑いが見られたからである。彼らよりはるかに多数の営業部隊に対してどうブレークダウンしていくか、ここは我々の腕の見せ所だ。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ