橋下知事の俊足トライを

やっぱり幕が上がったら芝居は終わっていた。開票後わずか1時間足らずでの当確だった。

脱タレントを掲げて当選したものの、結局は「政治とカネ」問題で沈んでいった太田房江氏の後任は、またぞろタレント知事だった。庶民人気が票のバロメータというのは東京も同じようなモンだが、今回はそれよりも注目すべきは候補者たちの主張の方である。

有力3候補はいずれも「大阪再生」を目指す主張を展開した。弁護士の梅田章二氏(57)は貧困問題打開と福祉充実の最優先を、弁護士でタレントの橋下徹氏(38)は子育て世代への支援を、元阪大大学院教授の熊谷貞俊氏(63)は産業振興による所得アップをそれぞれ掲げていた。そのどれもが大阪再生のために待ったなしに必要とされるキーワードである。

だからこそ、今回の選挙は「誰がやるか」より「いかに早くやるか」が求められるのである。日本第二の大都市でありながら、経済、教育、福祉などの複合的な問題が蓄積し、それが国内、府内の両面からの格差社会となって現れている。まさに地盤沈下都市、いや、それどころか巨大な夕張市となる日も遠くはないだろう。

冗談抜きに、今の大阪はそれほどヤバい。殺人事件や放火事件、強盗事件などのブッソウな事件は日常茶飯事、西成に代表される貧困層の増加による格差拡大、市民も職員もそろって給食費や保育費の未払いなどのモラル低下など、目を覆わんばかりの事態も起きている。歌にも歌われた川と人情の街、ナニワが崩壊しつつあるのだ。

選挙戦最終日には「最終兵器ヒガシ」こと東国原知事を投入し、大阪駅前に集まった約3000人に「宮崎が元気になるには、この大阪が元気になってもらわんと困る!」と、よくわからん事を言わせてまで支持を訴えたのだから、世間はあなたの一挙手一投足をじっくり見ていくだろう。

宮崎の彼は期待に応え成果を挙げた。それとは比べるべくもない巨大な舞台大阪で、いよいよ政治家初挑戦となる。得意の足を生かしたトライをいくつ決められるかが、この新知事の存在価値に他ならない。

・・・・・・・

北京五輪代表選考会を兼ねた大阪国際女子マラソンでは、35km手前で先頭に立った英国のマーラ・ヤマウチ選手(34)が初優勝した。また、新鋭の森本友選手(24)が日本選手最高の2位となり、五輪代表候補となった。

一方、マラソン初挑戦で五輪代表を狙ったハーフマラソン日本記録保持者の福士加代子選手(25)は序盤から飛び出し、一時は後続に500m以上もの大差をつけて独走したが、30km付近から急激に失速、さらに4度の転倒という、どれもがマラソンにはありえないシーンを展開した。こちらの初挑戦は実を結ぶ事はできなかった。

女子マラソンの代表枠は3つ。すでに昨夏の大阪世界陸上で3位に入った土佐礼子選手は代表内定。昨秋の東京国際女子マラソンを圧勝したアテネ五輪金メダリストの野口みずき選手も代表濃厚となっている。 もっともこちらはスポーツの話だからまだ気も楽だ。

残る1つの切符は誰の手に? Qちゃんの大逆転復活なるか?

復活と言えば大相撲千秋楽。白鳳対朝青龍の横綱同士の相星決戦は、力の入った大相撲の末、上手投げで白鳳が3連覇を決め、朝青龍意地の復活優勝劇にはあと一歩及ばなかった。

優勝されたくはないが、さりとて客を呼べる朝青龍を失いたくもない。ベビーフェイスの白鳳とヒールの朝青龍の千秋楽決戦で優勝・準優勝とくれば、さぞや相撲協会には万々歳のシナリオだったろう。これで世間へのミソギも済ませたようなモンだし、朝青龍だって少しは神妙になるかも。すんなり優勝されちゃってたら、たまったモンじゃなかろうて。

その陰で、序盤早々から優勝戦線脱落をするわ、終盤になっても2人の横綱に一矢も報えない不甲斐なき4人の大関陣。今場所はお前達の方が罪が重い。恥ずかしいというのはこういう事である。大いに恥じるが良い。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ