環状線山手トンネルを走る

2日前に開通した首都高中央環状線の新宿~池袋区間を走ってみた。クリスマスの食材の買出し先を敢えて池袋のデパートにして、開店直後に到着する時間を見計らって出発。日曜日で山手通り自体もガラガラなのに、それをわざわざ初台の先の永福入口まで戻って高速に乗るんだから相当バカモノである。ちなみにETC料金で490円也、完璧にアホだ。

実はこの区間は、我が家の近くを走っている山手通り(通称環6)の地下30mにあるトンネル道だ。ここはライフラインのほか地下鉄丸の内線が通っているため、その下を掘るしかなかったのである。おかげで後から作った大江戸線はそれよりも下の、なんと地下33mの深さを走らざるを得なくなり、ホームに降りていくまで5分はかかる。今や東京の地下事情はモグラの巣状態である。

着工は16年前からというから、我が家がここへ来る10年前から山手通りは工事中だった事になるので、昔から渋滞のメッカだったというのも頷ける。

中央道から新宿に向かう首都高3号線の高架から枝分かれし、そのまま地下30mへと潜って行く。本線までは片側1車線だ。円形のトンネルを制限速度のちょっと上で走ってみると、首都高の他のトンネルより明るく白い照明と、路面の低反響アスファルト仕様も相俟ってドライブフィールは上々だ。ただ、今回開通したのはわずか6.7kmの区間なので、5分も走らぬうちに西池袋出口まで到着してしまった。ディズニーのアトラクションでさえもうちょっとは楽しめるだろうに。

そんな山手トンネルとは裏腹に、午前10時過ぎのデパ地下食品売り場はすでに七分の客入り。特にパティスリ各店は行列もできるほどに賑っている。年に一度の書き入れ時、クリスマスバブル全開である。これが夕方になったら年末のアメ横状態になるのは間違いない。今年はとっとと買い物を済ませて正解だった。これもトンネル開通のおかげかも。

というワケで、昨晩渋々1時間近くも並んだ挙句、食い放題に調子こいて家族3人で100貫近く食いまくった寿司を夕刻までに消化させられる余裕もできた。今夜は日本全国俄かクリスチャン大会である。空はピーカン、ホワイトクリスマスにはなりそうもないが。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-