危険な運転には違いないのに

昨年8月に福岡で起きた飲酒運転3児死亡事故をめぐる裁判で、福岡地裁は危険運転致死傷罪などに問われた今林大被告(23)に対する訴因について、業務上過失致死傷と道交法違反(酒気帯び)の罪を「予備的訴因」として追加するよう命じたという。

危険運転致死傷罪の要件は「アルコールや薬物で正常な運転が困難」「制御困難な高速度」「赤信号をことさら無視」などで、立証の難しさが指摘されている。裁判長は、同罪の適用は困難との心証を得て、業務上過失致死傷罪と道交法違反の併合罪適用が適当と判断したとみられる。地検側も、このままでは危険運転致死傷罪は無罪となる可能性があるため、命令には従うとみられる。

判決で危険運転致死傷罪ではなく、業務上過失致死傷罪が適用されれば、最高刑は懲役25年から7年6月と刑期が大幅に短縮される。

6月に始まった公判では「アルコールの影響により正常な運転が困難だったか否か」という危険運転の成否が最大の争点となった。弁護側は「酩酊状態ではなく微酔だった」「正常な運転ができない状態ではなく、前方不注視の原因はわき見」と反論、業務上過失致死傷罪にとどまると主張していた。

これだけでも被害者にとってみれば到底納得のいかない弁護側の主張なのだが、さらに最終弁論では「既に社会的制裁を受けており、もはや刑罰は必要ではなく、執行猶予に付すべきだ」とまで求めていたのである。

光市母子殺害事件の時もそうだが、なぜここまで極端だと思われるくらいに検察側と弁護側の主張に開きが生じるのだろうか?

もちろん、それぞれの立場で最善を尽くした主張をする事が職務なのは承知している。私が言いたいのは、一つの結果をもたらした事実は一つしかないだろうという事だ。つまり、あまりに隔たった異なる事実が全く同じ結果へつながるという事は通常ありえないと思うのだ。

この事件の場合、相当量の酒を飲んだという事実、その上で飲酒運転だと認識しながら運転した事実、制限速度オーバーで被害者車両に追突し橋梁から落下させた事実、その結果、海中へ沈んだ車中で3人の幼児が溺死した事実、救助行為をせず現場から逃走した事実、その後の大量飲水後でも0.25mg/Lのアルコールが検出された事実、である。

確信を持って飲酒運転し、追突事故を起こして逃走し、その結果3人を死亡させた。この事実の前で「アルコールの影響により正常な運転が困難だったか否か」はそれほど重要な事なのだろうか? 「確信的な飲酒運転」と「救助放棄の現場逃走」の方が、この悲惨な結果を生み出すに至ったよっぽど重大な事実だろう。これだけでもリッパな「危険運転」で、「致死」を招いた犯罪じゃないのか?

事実、記者会見した原告側代理人は「危険運転が成立しないというなら、被告は冷静だったという事。自分の保身に走り、他者の命を考えなかった事は断じて許されない」と語気を強めた。

それでも大上哲央さん(34)夫妻は「厳重に処罰してほしい気持ちはあるが、客観的証拠に基づく冷静な判断であれば、やむを得ないと受け止めています」と発表した。これまでも大上さん夫妻は、今林被告が現場から逃走した事で「なぜ助けてくれなかったのかという思いの方が強く、危険運転の成立にはこだわっていなかった」と言っていたのである。

今回も加害者は最大限に弁護され、被害者はまたも悲しい思いを強いられている。一度でいい、犯した罪を心から悔い改め、弁明せずに罪を受け入れる姿を見せてほしいと思う。そういう態度あってこそ、その時初めて加害者への情状とやらが芽吹いてくるというものじゃないのだろうか。



関連記事

COMMENT

No title

それが被害者感情というものです。敵討ちが禁止され、裁判による刑罰を制定した「法治国家」なら、そこを十分汲み取らないといつかは報復劇が始まりますよね。

No title

この事件と山口県光市の母子殺傷事件は見ていて不愉快極まりないですね。
自分が被害者の立場だったらと思うと、犯人側の弁護士の家族に同じ事を・・・。
なんて恐ろしいことも考えてしまう。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-