スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タコ焼リベンジの巻

今年最後の大仕事というか大出張の始まりで、昨夜から最初の地である大阪へ来ている。今回は初日の晩くらいは軽くという事で、家でよく焼いているという同僚を連れて、前回不覚にも翻弄されたタコ焼屋「蛸之徹 マルビル店」へ前回のリベンジである。

前回は日曜日の夜だったので空いていたのだが、この被は3~4組が順番待ちをしていたくらい盛況だった。訊けば、自分で焼くスタイルのタコ焼屋は、大阪でこの店が初めてだという。まさに灯台もと暗しだが、そこが創造性豊かな大阪人に受けたのだろう。そんな事すら冷静に考えられるほど今夜の私には余裕があった。何せ今回はタコ焼経験のある同僚が一緒なのである。

前回は一人前12コ、今回は@1.5人前18コを焼き上げた。これだけ焼けばいろいろ学習できる。悟ったコツの第一は具を入れ過ぎない事だ。この店は天カスと紅ショウガを自分で入れるのだが、それを欲張って入れると周りに大きくハミ出し、後々返す時に収拾がつかなくなって苦労する。当然の事ながらキレイな丸形にもなりにくくなる。

コツの第二は油がかなり大事だという事だ。最初に油を穴と周囲に十分に塗っておく。こうしておけば焼けた部分が回しやすくなる。場所により火力の強弱に差があるため、プロは早く焼き上がって空いた穴に移動させたりするが、素人はやめておいた方がいい。油のなくなった穴に入れるとすぐに焦げ付いて剥がれなくなるからだ。

まあ、そうこうしつつも見事な丸いタコ焼に仕上がる確率は前回よりも増し、何とかリベンジを果たせた。よっしゃ~! もう一人で行ってもビビらないぞ~!

・・・・・・・

一夜明けた今夜は、ホルモン焼肉のメッカ、鶴橋へGO! ホルモンの中でも特に大好きなテッチャンが食べたくなった時は、天満の「とみや」と決めていたのだが、本場と言われる鶴橋もぜひ行きたいという事で、同僚の知っている「万正」へ行く事にした。

この続きはまた明日。・・・と思ったが、9時にはホテルに戻ったので、感想を書く事にする。

最初にオーダーしたのは生キモとユッケ。臭みなぞ全くなく美味。特に生キモはサイコロ状になっていて、その食感共々大満足だった。焼きモノでオーダーしたのが、元々は小腸を指した用語だったものが、この店ではカルビ肉の骨付近のものを指すという事で、我々の期待がますます高まったヒモ、刺身用のサイコロ状のものよりさらに大きいなブロックで出てきたキモ、動脈を細切れにしたコリコリ、ナンコツミンチを彷彿させるウルテなど、一口にホルモンと言っても奥は深いなぁ~! 美味しいなぁ~! と感動させられるモノばかりだった。

ふと見渡せば、観光客など皆無。客はすべてジモティばかり。それほど、店の場所が分かっている人しか辿り着けない場所だ。それでも隣には行列のできるお好み焼き屋「オモニ」がある。

この日は5人で生ビールの次に焼酎ボトル2本も加え、誰もがもう食えない状態になって@5000円程度だった。焼肉屋とすれば十分リーズナブルだろう。大阪でまたいい店に巡り合った。360度関西弁が飛び交う大阪にあって、こういう出会いこそ大阪ならではなんだと自然に認めてしまうのである。

だからナニワは面白い。異議なし!



関連記事

COMMENT

わははは! 脂の乗ったテッチャンのせいでもあるんでしょうが、気が付けばキャンプファイア状態でしたな。おまけにデッカイダクトが覆い被さって七輪の上の様子が良く見えない(爆)。今度はぜひ1階にしましょう。

焼きすぎです!

Chaieさん
昨日はお疲れ様でした。
万正では、1階の席の方が良いですよ。
店のお母さんやお兄ちゃんが焼き方を教えてくれます。
「一度にそんなに乗せない!」とか、
「ほら、ひっくり返して」とか、いちいち言ってくれる。
結果的に美味しくホルモンが食べられます。
次回は是非、1階指定で・・・。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。