見てくれと同じだった法務大臣

兄とは似ても似つかぬ、見るからに悪代官ヅラ。故・田中角栄の秘書から政界入りし与党野党を渡り歩く。やがて兄・由紀夫と民主党を結成するが、兄弟喧嘩の末、再び自民党へ復党。安倍、福田政権下の法務大臣、鳩山邦夫氏その人である。

9月25日の記者会見において「法相が絡まなくても自動的に死刑執行が進むような方法があればと思う事がある」「ベルトコンベヤーというのは何だが、執行の順序が、死刑確定の順序なのか乱数表で決まってるのか分からない」と発言した。

あれほど閣僚の問題発言が取りざたされた後の安倍改造内閣最後の記者会見での発言だ。真意はともかく、法務大臣として死刑執行に署名をする事への責任放棄発言と取られても仕方あるまい。それにしてもこのタイミングで言う事だろうかね?

これで終われば良かったものの、この男はまたやらかした。

日本外国特派員協会で10月29日、2002年のバリ島爆弾テロ事件に関連し「友人の友人がアルカイダ。バリ島の中心部は爆破するから近づかないようにとアドバイスを受けた」と発言したのである。テロに対する国際的感覚が全く欠如した、文字通りのナンセンス発言だった。

一時は発言を訂正したり、福田首相に謝罪したりしたが、結局「事実を言ったらいけないのか。知り合いの知り合いという事では間違いない。それが国際的な信用にかかわるとは思えない」と開き直っている。アホか! あんたの発言は直ちに世界中を駆け巡ったわ!

まだ終わらない。トドメはこれである。

10月31日の衆院法務委員会で、求められてもいないのに、故・田中元首相の私設秘書時代、米国防総省から毎月のように接待を受けていた事を明らかにしたのだ。あろう事か、事実上アメリカの情報収集のスパイだった事を認めた発言をしたのである。

開いた口が塞がらないのは私だけではない。政治評論家の森田実氏は「欧米では即刻更迭される発言だ。自ら職を辞するか、福田首相が更迭すべきだ。鳩山氏は常軌を逸している。法相のような要職に就けるべき人間ではない」と語っている。

この男の一連の発言による国内外の信用失墜は計り知れない。法の番人のトップたる人物が、今最も国益を損なっている人物なのである。これなら、死刑廃止論者であり、2005年の法務大臣就任時に「死刑執行のサインをしない」とダダをこねて物議をかもした杉浦正健氏の方がまだ可愛く見えるというものだ。

福田さん、もはやあなた得意のサラリーマン出身協調型内閣もヘッタクレもあるまいよ。ここはあなたのリーダーシップの見せ所だ。それとも結局安倍さんの二の舞を踏むのか。さあ、どうする?


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-