2つ目の有終の美

11月に組織変更と幹部の異動があるというのは聞いていた。遅れに遅れた公示を今日になって目にしているが、組織変更に伴う思わぬオマケメールも届いた。

住み慣れた(?)16Fのオフィスから3つ下の13Fへ、部署丸ごとリロケーションするのだという。しかも引越完了日が第4週月曜日だそうだ。そうなると、前週までびっしり出張予定の私は、必然的に荷造りを1週間以上前に済ませておかなければならない。やれやれ大変な事になっちまったわ。

・・・・・・・

本拠地札幌ドームで1勝1敗、ナゴヤドームで2連敗し、背水の陣となった日ハム。昇り竜中日に挑むは鉄腕エース、ダルビッシュ有! 昨年のシリーズ第5戦から、ポストシーズンは本拠地4連勝中で、今日敵地で初めて勝てば5連勝だ。シリーズ最多タイの13奪三振で威圧した第1戦の再現を狙い、是が非でも札幌ドームへリロケーション、じゃなくてリターンだ!

そのダルビッシュ、犠牲フライで1点を失ったものの、8回まで11三振を奪う好投を見せた。だが、もっと驚かされたのは中日先発の山井大介投手だった。なんとなんと、日ハム相手に8回までパーフェクト・ピッチングだ! この段階でも日本シリーズ新記録で、当然の事ながら観客の期待はもはやパーフェクト優勝以外にない、と思ったその矢先にまたもやドラマが起こった。

落合監督は9回初っぱなから岩瀬に替えたのである! 場内は割れんばかりの騒動である。それでも情を殺した非難覚悟の交代劇。一部のスキも決して作らず、勝利の確率にだけ徹した監督采配だった。中日にとって53年ぶりの日本一は、そうまでしても断固掴みに行かねばならない悲願だったのである。

であるにせよ、交代はせめてヒットを打たれた後でも良かったんじゃないかと思う。大舞台での完全試合なんて、まず出会えないと言っていい程の大チャンスだ。結末への興味はもちろん、山井自身もチャレンジしたかっただろう。もし達成できたら、ピッチャーにとってこれほど自信となる勲章もあるまい。楽天の野村監督も「10人の監督がいたら、あの場面では10人とも替えないだろう」と言っていた。今となっては所詮、「たら、れば」であるが、いかにももったいない。私だったら勝負の「現実」より「ロマン」を選んだだろう。

最少得点の1点を守り抜いた山井・岩瀬の継投完全試合も初の快挙だったが、シリーズMVPに輝いた中村ノリは、自分で播いた種とはいえ、背番号のない育成選手から今シーズンを始めた末の栄冠だった。お立ち台で涙に暮れた気持ちが良くわかる。スタンドで奥さんも涙していた。

ひと言、優勝監督インタビューのアナウンサーへ。何とか落合監督の涙腺を刺激しようとするのは結構だが、皆が一番聞きたかった「山井交代のワケ」をなぜ訊かない? 自分まで舞い上がってどうすんだ! お前はプロだろが!

こうして少々間延び感のあった日本シリーズは、セ・リーグ2位の中日がパ・リーグ優勝の日ハムに去年の雪辱を晴らす形で終わった。私にとってF1ブラジルGPに続いて2つ目の「記録と記憶と歴史に残る一戦」だった。スポーツにおける有終の美は、いつ見ても気持ちのいいものである。



関連記事

COMMENT

No title

三次会の激論はなさそうですが、たぶんそれまでもたないような予感。「君の瞳は10000ボルト」はkurimiさんとでも歌っておきます。

あんなことこんなこと

今年最後に色々とお話したかったですが今回は失礼します。
「これでゆっくり寝れる」なんて
言ってる輩がいらっしゃいましたら私に代わってとっちめておいてください(笑)
あっ!金木犀の歌ビデオ録画よろしく!

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-