絶対に、絶対に・・・

今月24日夜、携帯サイト「闇の職業安定所」を通じて知り合った無職、川岸健治(40)、新聞拡張員、神田司(36)、無職、堀慶末(32)は、名古屋市千種区の路上で派遣会社社員、磯谷利恵さん(31)を車内に拉致し、約2時間後に愛西市の駐車場で現金約7万円などを奪った。3人は事前に会って、見ず知らずの女性から現金を強奪する計画を立てていた。

利恵さんの鼻や口などを粘着テープで巻いたところ、激しく抵抗したという。このため、手錠を掛け身動きが取れない利恵さんの頭部をハンマーで数十回殴りつけた後、頭全体に半透明のビニール袋をかぶせ、袋の上から顔全体を覆うように再びテープでぐるぐる巻きにした。さらに首の部分をヒモでくくり付けると、利恵さんはぐったりとなったという。死因は窒息死だった。その後、遺体を岐阜県内の山林に遺棄した。

翌日、まだ事件を知らなかった交際相手の男性は、食事の待ち合わせ場所で利恵さんを待ち続けた。携帯電話に連絡したが応答するはずもなく、殺害前日の電話が最後の会話となった。取材に応じた男性は「『食事が楽しみ』とうれしそうに話していたのに」と大粒の涙を流し、深くうなだれた後は言葉を継ぐ事ができなかった。

川岸容疑者は25日午後1時頃、愛知県警に「女性を拉致して金を奪い、殺害した。遺体を岐阜県内に埋めた」と通報。県警は供述などに基づき他の容疑者を割り出した。川岸容疑者は「顔を見られたので殺した。死刑が怖くて通報した」と話している。3人は犯行の翌日にも同様に女性を襲い金を奪う犯行を計画していた事も判明したが、川岸健治容疑者が自首したため実行されなかった。

この日本という国で、またしても筆舌に尽くしがたい惨い事件が起きた。被害者はもとより、残された母親、結婚を控えていたという交際相手の男性を始めとする友人・知人達の思いを考えると、事件から早や1週間経った今もいたたまれない気持ちで一杯になる。ひたすら利恵さんの冥福を祈りたい。

被害者の母親は「絶対に、絶対に、許しません」と必死に搾り出すようなメッセージをしたためた。当たり前である。「死刑が怖くて自首した」からと言って、罪一等減じられる事など絶対にあってはならない。殺された利恵さんは必死に命乞いをしたというではないか! 殺された人数が1人だからという、愚にもつかない理屈で死刑回避など絶対にあってはならない。これは1対1の怨恨殺人よりもなお極悪非道の犯罪なのだ!

この事件は被害者が1人、死刑が3人でいい。そうでもなければ被害者は到底浮かばれまい。ネットで犯罪仲間を募った挙句の無差別拉致殺人という、人間の仕業とも思えない異常さを根絶せしめるためにも厳しく断罪すべきである。

光市母子殺害事件と同様、犯した罪によって社会から退場を命ぜられ排除されるのは当然の事だ。後はまたぞろ「人権派」という仮面を被った狂気の死刑廃止論者弁護士が出てこない事を祈るのみである。


関連記事

COMMENT

>ストーカー殺人

警察官が拳銃を一般市民に向けて発砲するとは! しかも殺人目的で・・・絶句です。この段階で彼は殺人犯であり、公務員規制法違反でもありましょう。さらにその武器を自殺にまで使っている。

この事件は、誤認逮捕とか手抜き捜査とかとは全く異質のものです。彼は、武器所持を唯一認められた者が絶対にしてはならないことをやったのです。警察官に対する信頼失墜の大きさは、退職金返還くらいじゃとても埋まらないでしょう。

なんというか…世も末としか言いようがない事件ばかりで本当に気が滅入ります。 警察官のストーカー殺人事件 (無理心中とか報じられていますけど、あれは間違いなくストーカー殺人です) も、あれだけのことをしでかしたにも関わらず退職金が5割増だそうで。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-