ちゃぶ台返し

このところ何かと忙しくなってきている。だから記事の更新も滞り勝ちである。

来月から始まる全国研修ツアーの研修コンテンツの作成と予演会だけでも大変なのに、新製品のトップユーザーDrへのインタビュー撮りが3本、実績全国1、2位課の課長による対談撮りなどをこなしている。明日も3人目のDrインタビュー撮りのために福岡に行く。すでに昨日、カメラや照明機材一式をホテルに送った。まるでTV局のクルーみたいである。

こんな時に一番困るのは、土壇場での急な変更、いわゆる「ちゃぶ台返し」である。隣の部署では日常茶飯事の得意技だが、ウチの部署では今までほとんど起こっていない。何とそれが今朝起こったのである!

研修予演会をやっている会議室に、今をときめく琴光喜そっくりの部長殿がいきなり入ってきて、11月に予定されていた新製品の研修を前倒しに実施する事を本部長連中に言われてOKしてきたと言うのである。返す刀で11月の臨時研修も中止になったと言う。その理由は、外勤営業時間が惜しいとの事らしい。

要するに、今年の販売目標達成が危ぶまれる状況になったので、集合研修よりも1日でも多く外回りをして稼いで来いという事なのだ。直接販売業ではないこの業界は、外勤を1日多くしようがしまいが売上げにたいした影響は出ない。にもかかわず、大事な新製品研修に最低限の時間すら割こうともしないウチの会社って…。

しかも研修開始1週間前になってのちゃぶ台返しである。すでにプログラムも決まっていて、当然余分な時間などありはしない。かくなる上は、各製品の研修時間をそれぞれ短縮して、その時間を捻出するしかないのである。時間をケチってあれもこれも詰め込めば、それだけ研修が粗雑になる危険性が生じ、受講者もたまったモンじゃない。研修効果もあったモンじゃない。

おまけに、上から言われてそれを受けた部長殿は、今回の研修内容を把握していなかった。どの製品をどんな内容でどれだけの時間をかけてやるという事が分かっていれば、そう易々と受けられるはずがないのに、このイエスマンは少しの抵抗すらしなかったようである。あんたは何のための部長なのか。そんな部長ならいなくていいとその場の全員が思ったに違いない。

これも一種の大企業病なのかもしれない。トップの思いつきや指示ひとつで路線がコロコロ変わる。それについて疑義を挟む者が誰もいない。一方で、社員に対して業務上の官僚主義の改善提案とか、自分が社長だったらやりたい事などを募集したりしているのである。

いつからこんな本末転倒がまかり通るようになってしまったのか? そしていつまで続いていくのだろうか?



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-