考えてみました、憲法9条

NHK「日本のこれから~考えてみませんか?憲法9条」という討論番組があった。

帰省中の息子に「こういう事は学校では満足に教えないが、いずれは国民一人一人が判断を下さなくてはならない事だ。その時のための考え方を学ぶいい機会だから見ておきなさい」と言って一緒に見させた。

視聴者アンケート、数十名の会場参加者とも「9条を改正すべき」とする意見が多かった。「改正すべきでない」という意見との間で討論が進むうちに、その核心とも言うべきキーワードが「自衛隊の存在」と「集団的自衛権」に集約されてきた。

9条2項において「(前項の目的を達するため、)陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と定めてあり、これが自衛隊の存在と矛盾するというものである。世界有数の軍事力を持つ日本の自衛隊をいくら「軍隊ではない」と言い張っても、国際社会でそれは通らないだろう。また、自衛隊は戦前までの「皇軍」ではなく、初めての「国民軍」である事をどこまで斟酌するかも議論されるべき事である。

同時に、国際貢献の名の下に危険地帯の任務に駆り出される彼らの大儀と名誉はどう考えるのか。曖昧な立場ゆえの中途半端な武装や活動制限により、彼らの命の危険度を上げてしまう権利など誰にもない。彼らは国家の命令により、国民を代表して日本国のために活動しているのである。

政府解釈によれば、9条1項は「独立国家に固有の自衛権までも否定する趣旨のものではなく、自衛のための必要最小限度の武力を行使する事は認められる」と解し、2項に定める「戦力の不保持」も、「自衛のための必要最小限度の武力を保持する事まで禁止するものではない」としている。

独立国家の固有の権利である「個別的自衛権」を行使するためには「自衛軍または国防軍」が必要である。他国から攻撃・侵略を受けた際、国の生存のためにこれを排除する武力を持たないというのは現実的でない。生存の危機に瀕しても反撃しない国家など国家ではない。

もう一つ忘れてならないのは、戦後日本が他国の攻撃・侵略を受けなかったのは、日米安保条約に基づく同盟国アメリカの核を含む武力に守られていたからだという事実である。これが9条は日米安保と抱き合わせで存立すると言われる所以である。

では「集団的自衛権」はどうか?

番組アンケートによれば、なんと半数が集団的自衛権が何なのかを知らなかったのである! これは改憲・護憲以前の由々しき問題である。あまりに認識が低過ぎる。日本の平和ボケの象徴かもしれない。

集団的自衛権とは「自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止する権利」と定義されている。すなわち、日本と日米安保条約を締結したアメリカに対して第三国による武力攻撃があった場合、日本は実力をもってそれを阻止・排除するという事である。

これを個人間のケンカに例えれば、殴られている友人の相手の攻撃を実力で抑えるという事である。個人間と国家間では事情が違いすぎるという議論はさて置き、日米安保条約上では日本が攻撃を受けた場合、同盟国アメリカは集団的自衛権を行使する。だが、その逆の場合は現行憲法の解釈上、日本は黙って見ているという事になるのだ。

それでも集団的自衛権が認められないという解釈が、同時に為政者への歯止めにもなり、後方支援などの最小限の派兵で済んでいる面もある。日米安保条約が締結されるより前に日本国憲法が制定されているので、憲法の解釈が優先するという見方や、集団的自衛権の行使により、日本が戦争やテロ攻撃のターゲットになるリスクが増大するという見方も成り立つが、今後どこまでその理屈が通せるだろうか?

他方、集団的自衛権を認めると、アメリカの対テロ戦争などにも今まで以上に駆り出される恐れがある。極端な場合、アメリカと共同して侵略戦争を遂行する事にもなりかねないのである。万一そんな事態にでもなったら、戦争放棄を謳い国際平和を誠実に希求すると宣言した憲法を持つ日本の国際的信用は地に落ちるだろう。国益の損失は計り知れない。

このようなたった2つのテーマでさえ、ざっとこれだけの議論がある。どう9条を改正すれば、これらの問題が解決されるのだろうか? あるいは9条を改正せずに解決できる方法はないのだろうか? その答えは簡単ではない。だが近い将来、国会で憲法改正動議が提出され、それが可決されたら国民投票が待っている。

その時、我々は自らの全てを賭して判断を下さなくてはならない。それは選挙の投票とは全く違う厳しさを持つ。棄権はすなわち日本国民である事の放棄に他ならないし、答えは「イエス」か「ノー」しかない。そこには、アンケートの曖昧な回答としていつも少なくない数を占める「どちらとも言えない」などという選択肢は存在しないのである。


・・・・・・・


シリアスなテーマの記事だと書くだけでも大変だ。

さて、今日は19:30から神宮外苑花火大会である。ここ16Fのオフィスの窓の外、まだ明るい空の下に国立競技場が見える。特設ステージができていて、すでに人も入っているようだ。打ち上げ場所は日本青年館裏のグラウンドらしい。

ここのオフィスは位置的にも高さ的にも特等席なのだろうが、いかんせん分厚いガラスで十分に音が聞こえてこない。音のない花火なんてカラオケのない二次会みたいなモンで味気ない。おまけにわずか1時間で尺玉なしの1万発ぽっちだから、あんまり盛り上がらない。

普段は残業の好きな連中でも、今夜ばかりは駅に続く道が大混雑になる前に帰路に着くだろう。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-