スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~ガキ大臣

子供のダダコネじゃあるまいに…。

昨日、事務所費問題の赤城徳彦農水相(48)が、顔に複数の絆創膏を貼った姿で閣議に出席した。閣議後の会見では「暴漢にでも襲われたのか?」「いつケガしたのか?」「公務中のケガなのか?」などの質問が相次いだが、彼は硬い表情で「ご心配なく。大した事ありません」「何でもありません」と繰り返すばかり。

ところが会見直後に一転、「公務ではありません。私は肌が弱いので、かぶれたのかもしれません」とのコメントを発表したが、報道陣の間からは「なぜ会見で説明しないのだろう?」と不思議がる声が相次いだ。

そう。彼は度重なる釈明会見でも疑惑を払拭してもらえなかったマスコミに対し、今度は思わず訊きたくなるようなモノを提示し、わざと疑問に答えない「報復」のパフォーマンスを演じたのである。

職務と関係のない、全くのプライベートな事なら答えなくても当たり障りはない。と言っても顔面の絆創膏はかなり目立つ。時期が時期だけに何かあったのでは? と注目され、興味をそそられる。でも答えない。「知りたいだろうが、教えてやんない! お前らなんかに教えてたまるか!」あるいは「お前ら、オレ様にさんざん説明不足だのナンだのと言ってきたよな? だったらホントの説明不足とやらを見せてやる!」

どっちにせよ、彼の吊りあがった目は如実に語っていた。

そんな彼の頑なな態度に、マイナスイメージを恐れた政策報道官が、会見後に慌てて大臣コメントとして発表したというのがホンネだろう。

こんなバカバカしい光景は、見ていてホント情けなくなる。こんなガキが大臣でいいのか! 同世代の人間として非常に恥ずかしい。若手で新鮮なはずだった彼の顔が、最近は他のキツネやタヌキどもと同じようなイヤラしい顔に見えて仕方ない。またしても任命権者の安倍首相に国民はナメられたのである。 

肝心の事務所費疑惑も「ルールに則ってやっている」と、故・松岡氏と全く同じ答弁を繰り返し、国外逃亡した。欧州出張があると知りながら、敢えてその直前に会見を開き、捨てゼリフを吐いて消えた。これもガキ同然の言動である。

赤城ガキ大臣よ、やっぱお前、10年早いわ。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。