FC2ブログ

通夜

昨夜、通夜に行ってきたのだが、昨今の斎場の変わり様に驚いた。

1Fに4家族分のブース(幅4m、奥行き10m程度)みたいなスペースが並び、それぞれの中に祭壇があり、遺族が左右にイスに座っている。

我々は、まず記帳受付に並び、ホテルのチェックインカードのようなものに住所氏名等を記入し、引換券をもらう。目の前に焼香場所があるのに、再び焼香用の列に並ぶ。弔問客が100人以上来ていたのはそのブースだけだったので、すべて終わるまで30分はかかった。

同じものが2Fにもあり、建物の1F・2Fでこの流れ作業が行われていた。まさにベルトコンベアー状態である。精進落としの場所もない。都会の斎場は、もはやこんな状況なのか。せめて通夜の一夜は一家族のみで過させてあげることもできないのだろうか。

読経の中、彼女は終始ご主人の棺とその上に飾られた遺影の方を向いたまま、ついぞ焼香客の方を振り返ることはなかった。

その姿が一番哀しかった。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger