fc2ブログ

焼香名古屋行

今日、45歳の若さで逝ってしまったPOOBメンバーしばやんの御焼香に名古屋に行ってきた。

通夜、告別式に参列できなかった5名が自宅を訪ね、奥様とひとときの思い出話を語り合った。祭壇の遺影は癌治療から何度も雄々しく蘇って我々の前に現れた時の笑顔そのままだった。改めてご冥福を祈りたい。

彼は最後の入院中のベッドでもHPに書いてきたDiary「Positive Life」の原稿をWordに書いていて、文字色も付けてあり、後はコピペで更新できるまでになっていた。HP上では最後のUp Dateは7月下旬だったが、亡くなる10月までの分がそこにあった。それを彼の会社貸与のノートPCからなんとか自宅のPCに移し、PCの苦手な奥様の目にやっとそれが見られるまでになった。

POOBメンバーの4名が駅で合流し、名古屋駅周辺に戻り、お清め兼夕食の飲み会に突入。都ホテル跡をトヨタが再構築したビルの一角のしゃれた和風居酒屋がその会場となった。刺身や焼魚はいいが、ラーメンサラダやらエビフリャー、みそ串カツといった名古屋ならではのメニューが出る頃には、OYAJIの一部(私としげドンです)はビールから日本酒に移り、都合7合を飲み干していた。

16時半過ぎに始まった飲み会も大いに盛り上がったのだが、買っていた新幹線に乗り遅れぬよう、いそいそと地下道を駅に向かうだけの意識はまだ残っていた。次回3月頃のしばやんお墓参り兼知多半島フグ三昧オフの約束をしてそれぞれ別れた。

ひとつ気になった事があった。焼香の後、名古屋駅へ戻る道中、私は冠婚葬祭用に3年前に買った靴を履いてきたのだが、その右足のかかと部分の外側のゴムが裂け、名古屋駅に着く頃にはウラが剥がれ落ちてしまった。右足がブヨブヨした感触になったが、歩行にはさほど差し支えなく東京まで帰って来たが、今思うとしばやん、君が引き留めたのかな。

久しぶりじゃないか、もっとゆっくりしていけよ、と。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。遂に40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれる生活となって幸せです(^^)

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

そしてさらに10年経って取り巻く環境も変化し、4枚ドアとペーパー息子のために安全装置付きのクルマの必要性が。偶然出会った「MAZDA3 FB 20S Burg-S PMG with SIG-S」を2020年から愛車に迎えました。

現役時代は某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

とか言ってたら、2020年に肝がん発生。予防接種からのHBV感染〜暴飲暴食からの脂肪肝〜部分的な肝硬変と来ていたので特に驚きませんでした。最期は肝臓だなと覚悟も決めてたし(^^;)

幸いこれも早期で表層だったため、切除手術を経て無事に終わりました。これで「ダブルがんサバイバー」の誕生です(^^)

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger