正義って何なんだ?

「母は4たび潜った」で書いた事件で、危険運転致死傷とひき逃げの罪に問われた元市職員今林大被告(22)の初公判が12日、福岡地裁で開かれた。

被告は昨年8月25日、自宅のほか2軒の飲食店で飲酒し、正常な運転が困難な状態で乗用車を運転。午後10時50分ごろ、海の中道大橋で大上哲央さん(34)一家5人の乗ったRV車に追突、博多湾に転落させ幼児3人を水死させた。さらに現場から約300m逃走。身代わりを頼んだ知人に水の持参を依頼し、水を飲んで出頭したとされるもの。

検察側の冒頭陳述によると、被告は事故前の約4時間、自宅と居酒屋、スナックで缶ビール1本や焼酎540ml、ブランデー数杯を飲酒し、アクビをしたり倒れそうになったりしていたとの目撃証言から「酩酊状態」だったと指摘。事故直前、交差点を大回りして左折し、時速100km/hまで急に加速。不安になった同乗者が「いつもこんなに飛ばすんですか」と尋ねると、「いいや、飛ばさん」と答えた。さらに飲酒検知では複数回に分けて呼気を吹き込んでいたほか、職業を尋ねた警察官に歌うような節を付けて「サーラリーマン」と答えたという。

一方、弁護人は「警察が検査した被告の事故40分後のアルコール濃度は0.25mg/Lで、酒酔いには当たらず酒気帯び運転。言語・歩行能力とも正常と判断された」「飲酒の影響は微酔レベルで運転困難ではなかった。事故前後、被告に深酔い状態を示すような行動もなかった」「意識はしっかりしていたが、RVが何らかの理由で急ブレーキをかけたため、ハンドルをきったが避けられなかった」などと真っ向から反論し、最高刑が懲役20年の危険運転致死傷罪でなく、5年の業務上過失致死傷罪に当たると主張した。

今林被告本人も「飲酒運転は間違いないが、正常な運転が困難になるほど飲酒していない」「時速100km/hだった点について否認します」と述べ、さらにひき逃げの事実を認める一方で「海に落ちた事に全く気が付かなかった」などと釈明した。

空いた口が塞がらないとはこの事だ。

飲酒しておきながら「微酔」だの「正常運転できた」だのと自らゴタクを並べるその神経はなんだ! 

100km/h以上だろうが以下だろうが、出したスピードの数字じゃなかろうが! 

ひき逃げした上に大量の水を飲み、少量ずつ吹き込んだ呼気の検査値など論外だろうが!

一瞬にして奪われた何の罪もない3人の子供の命、残された家族の無念の思いと苦悩の日々を考えれば、権利の主張なぞできる立場か!

まず徹底的に反省。そして償いきれはしないが、それでも一生をかけて精一杯罪を償うべきだろうが!

お前の人権なんぞ、これらの現実の前では無いも同然だ。

すべては被告人の罪状逃れと入れ知恵している弁護士の差し金だろう。光市母子殺害事件の時と同様、またも偏向弁護士によって正義と真実が捻じ曲げられようとしている。

被告人よ、被害者が私じゃなくて良かったな。私だったら法秩序なぞ、とっくに崩壊させとるわっ!


関連記事

COMMENT

裁判制度がある限り、被告人にも弁護人をつける「権利」があり、罪状に対して否認する「権利」もあり、罪を軽減させる事が弁護人の仕事なんでしょうが・・・。
光市の事件もそうですが、こんな事件の場合こそ弁護人は被告人に対して、異議を唱えず真摯に罪を償う事を第一に諭すべきだと思うのです。それが社会正義なんじゃないかと。

こういうの聞くと「なぁにが『法』ですか!」て気分だな。。。
弁護士はソレが商売なんだろうケド、「んじゃ、そーゆーことでヨロシク」って感じで逃れようとする被告人、恥ずかしくないのかなぁ。。。どう考えても、人間として恥ずかしいと思うんだが。

必殺仕掛け人に頼むお金無いから~、自分でヤルよ、きっと、アタシも(「も」って何 ^^;
ご両親の気持ちも、一緒だと思う。
震えが来るよな怒りは、痛いほど解る。

田舎の人、、って言い方は語弊があるな、、交通機関が充実してないトコロの人って、けっこう平気で飲んで乗るよね。
旦那の飛騨の従兄弟が、お葬式の後にビール結構飲んでて、「最近はうるさいからな~」てなこと言うんで何かと思ったら車で来てて、、、ホントに乗って帰ろうとするので思わず「やめなさい」と命令形で ^^;
怖い嫁さんだと思っただろな
結局乗って帰ったようで、、人殺す前にちゃんと捕まれ。ば~か。と思ったよ。。。

納得

Chaieさんのおっしゃること、全くもって同感です。
すべてが確信犯の加害者と彼の車の同乗者に、人権救済などは必要ないと思います。
罪を償うのに、ひょっとして22歳という年齢は「オコチャマ」なんでしょうか?そうとでも考えない限り、こういう口頭弁論にはならないのではないかとすら思えます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-