禁煙一周年

本日をもって、パッチ禁煙一周年の記念日を迎えた。禁煙指導と禁煙パッチを交付してくれた会社近くの医療施設の栄養士と薬剤師の若い女性を招待して、一周年を祝おうと思っていたが、同時に禁煙した同僚の不手際で、結局この日は男二人で祝杯をあげざるを得ない状況になった。

卒煙日: 2006年 4月 26日
卒煙からの日数: 1年 0ヶ月 0日
延びた寿命: 19日と13時間27分
節約できた金額: 74259円(節税分 48317円)
節煙本数: 5121本 435.32m ジブラルタロック

思い起こせば、いや今なお私の脳みそは一服した瞬間の心地良さを記憶している。だから折に触れその誘惑が蘇って来るのである。身体はニコチン依存症からとっくに脱却しているのに脳の記憶は残ったままというのが、大方の禁煙者を再びの喫煙者に引きずり込む原因となっているに違いない。

そんなワケで、禁煙一周年記念の男二人の行く先はいつもの居酒屋になった。もちろん魚籠庵である。この時季のお勧めは初鰹の刺身とあぶりカンパチの刺身だろう。とりあえずビールもそこそことなる程、これらは焼酎に絶品の肴だった。この店は去年あたりからいつ行ってもほぼ満席で、予約なしでは入れない時がある位、賑っている。

いつ行っても空いていた当時を知っている我々から見れば痛し痒しなのだが、相変わらず旬の刺身やおでんを中心に他とは一味も二味も違った質の良さを感じさせる料理に満足している。こういった事が本物であればあるほど、それはクチコミでしっかりと伝わって行くものだろう。

久々にゆっくりと堪能した我々が次に見定めた店は、今夜初めて行った代々木駅近くの老舗ジャズライヴバー「NARU」だった。新進気鋭のバイオリニストやパーカッショニストの女性がライヴのメインを務める小粋な店である。大きなハコでないのが、かえって居心地の良さを感じさせる。ライヴチャージは付いていなかったが、その分飲み物は若干高めか。

それでも目の前で発する生の音の魅力はすごい。感性が求めるままに、バーボンロック2杯と共にじっくりライヴを味わった後、まだ十分早い時間の地下鉄に乗って家路についた。

いつもならカラオケボックス行きも辞さないところだが、内容の濃いシャレた夜もたまにはいいじゃないか。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-