fc2ブログ

残念な二番手

先月下旬に親会社から出向して来た社員(登販)のC。高校3年の息子もいる、実に27年の親会社勤務経験を誇るアラフィフ。先般の二番手社員Hの転勤により、店長以外に社員がいなくなったウチの店にその後釜としてやって来たから助かった。

はたから見る限りはその姿形から基本的にマジメなのは十分伺えたし、人柄が良さげな印象も受けた。

それが… 。

Cがウチの店で初めて一人で開店から閉店までを担当したある日。私はいつものように開店20数分前に出勤したのだが、なぜか店前には何の什器も出ていなかった。

通常は、商品を載せた10数台の大小のジャンブル什器がとっくに表に並んでいていい時間帯。よもやアクシデントでもあったのかなと思ったが、中の事務室にはCが座っていて何やらPCを覗き込んでいた。

結局ジャンブルが出切ったのは開店寸前だったので、朝礼もなくすぐに開店し、お客さんもゾロゾロと入って来た。

後日、その旨を店長に話すと「それはあり得ない。彼は親会社の店舗で何をしてたのか❓」と訝しげ。おまけにCはドリンク類の前日発注もしておらず、欠品寸前の事態にも。

それを知ってか知らずかCは、先日もお客さんに「私はこの店に入ってまだ3日目ですから〜」なんて笑っていたが、彼はホントにこの業界27年のベテランなのだろうか❓

・・・・・・・

そんなドタバタもあった4月もあっという間に終わり、相変わらず緊急事態宣言中の5月も10日を数えた。この日も私はいつもの通り開店20数分前に出勤したが、またも店前には何も出てなく、おまけに入口のドアもピッタリ閉まっていた。

仕方なくドアをこじ開けて入ったが、そこには10数台のジャンブルどころか大量の空段ボールを載せたカゴ車や冷蔵食品用のカゴ車までが、前日の閉店時のままズラリと並んでいるではないか‼️

嫌な予感はしていたが、果たして事務室には親会社のポータルサイトをノンビリと眺めているCの姿が‼️

またかという思いと前回のチョンボを忘れたかのような余裕に頭に来たので私は何も言わず手伝わず、粛々と医薬品エリアのメンテナンスをしていた。

やがてバイトスタッフも一人二人と出勤して来たが、まだジャンブルは不動のまま。もう開店まで15分を切っていた。

ようやくCが開店10分前にフロアに現れ、ジャンブルを出し始めたが、そんな時に限って警備会社が売上金を回収に来たりして作業も進まず、今回も朝礼すら出来ずに開店時間に。すぐにお客さんがゾロゾロ入って来ているのに、それでもジャンブルは出し切れず、結局開店15分後になってようやく店外に並べられたのだった。

呆れるやら何やらで、翌日に出勤して来た店長に報告したが、二度目という事もあって彼の理解の範疇も超えたらしく、ただただ私同様に呆れるばかりだった。

まあ、きっとCは「オレは一時的にここへ来ているだけで、本来は親会社の社員だ。どうせここには長くはないし」なんて事を思いながら、我々ではまず見ないような親会社のポータルサイトを日に何度も覗いたり、親会社の名前入りの冬用作業ジャンパーをこの気候にも関わらずこれ見よがしに着ているんだろうな。

これらは意に反して出向させられた人間によく見られる「蜘蛛の糸症候群」なのだろうが、そもそも出向が期間限定なのかをよく考えた方が良いかもしれないぞ。

・・・・・・・

さらに今日。

今度はQRコード絡みの返品返金処理で動くはずのない現金がレジに足りなくなり、本部の経理から店長宛に疑惑のツッコミが入るという事件が起こった。

その当事者はもちろんC。店長はまさか商品と共に現金までお客さんに渡してはいないだろうなとCに確認したが、口を濁すばかりで要領を得なかったため、レジ上の防犯カメラの録画映像をチェックしたら、見事にCが現金を渡していたシーンが写っていた。

店長がCに自分で本部の経理に対応をしろと指示したのは言うまでもない。

続いてマスクコーナー。昨日の入荷分を2つに分けてそれぞれ別の日に出そうという話をCとして、彼もそれを承知していた。なのに今朝、予め私が位置を決めて付けていた価格表示のPOPが勝手に就寝用加湿マスク用に変えられて、そのマスクが一面に吊るしてあったではないか‼️

昼前に出勤して来たCに無断で変えた理由を訊くと、スペースが空いていたので埋めよう思ったが、その時私はもう退店していていなかったし、マスクとしては同じなので出したと。

マスクの無くなったマスクコーナーを敢えて他の商品で埋めずにガラガラのままにしているのは、お客さんにマスクの入荷の有無を瞬時に判断してもらうためにわざと空けているんだとアンタに最初に言ったよな❓

そもそも就寝用加湿マスクはお客さんが欲しているマスクじゃないだろが‼️

変えたPOPはどうした❓と訊けば、裏に置いてあるから取って来ますと。だがしばらく経っても戻って来ない。ようやく戻って来たCの手にはPOPが握られていたが、それが慌てて印刷し直した物だとすぐに分かった。枚数も種類も違っていたし。

漫才じゃないけど「もういいわ‼️」てな気にさせられガックリ。今度から必ず私に事前相談するか、金輪際医薬品エリアはアンタッチャブルにしてくれと言うのが精一杯だった。

・・・・・・・

高校生の息子を持つアラフィフOYAJIで、根はマジメで人柄も良さげなのはよく分かる。だがそれなら、いい歳こいて基本的な業務も満足に出来ていない上に、思慮を欠いた思い付きの行動やらその場しのぎの言い訳やらをするのは何としてもいただけない。

人が良いというのは一つの武器だが、それだけで受け入れられるのはせいぜい30歳まで。それ以降は「人が良いだけじゃね」と言われるのがこの世の常。人柄に加えて仕事に対する能力を磨き続けて行かなければ、やがて頼りの蜘蛛の糸も切られてしまうだろう。

私が赴任して今日まで、店にはSとHという40代後半の社員とこのCと、歴代3人の二番手社員がいた事になるが、その誰もが年齢・経験的にはとっくに店長職になっていても不思議でないはずなのに、なぜか昇進出来ずに一社員に留まっている。やはりそれにはそれなりのワケがあるモンだなとしみじみ思わざるを得ない。残念な連中である。

特にC。独身のSやHと違ってアンタには妻子もいる。いくら親会社の給与基準とは言えど、このまま一社員の収入のままでは子供の大学の学費すらキツいだろうに。

店長はアンタの息子とそれほど歳が離れてはいないのだから、息子と同世代の上司にあれこれ言われているようじゃ情けなくはないか❓

ここは親会社への未練なぞは引き摺らず、いっそ出向先に骨を埋めるつもりになって真剣に向き合ってみたらどうか。私にはアンタに対してあれこれアドバイスするつもりも、ましてや指導育成するつもりなんてサラサラないし、アンタもされる歳でもなかろうよ。私ゃせいぜい生暖かい目で淡々と見守るだけだよ。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。遂に40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれる生活となって幸せです(^^)

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

そしてさらに10年経って取り巻く環境も変化し、4枚ドアとペーパー息子のために安全装置付きのクルマの必要性が。偶然出会った「MAZDA3 FB 20S Burg-S PMG with SIG-S」を2020年から愛車に迎えました。

現役時代は某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

とか言ってたら、2020年に肝がん発生。予防接種からのHBV感染〜暴飲暴食からの脂肪肝〜部分的な肝硬変と来ていたので特に驚きませんでした。最期は肝臓だなと覚悟も決めてたし(^^;)

幸いこれも早期で表層だったため、切除手術を経て無事に終わりました。これで「ダブルがんサバイバー」の誕生です(^^)

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger