FC2ブログ

海岸通のなごり雪〜大分旅行 その3

最終日は次女夫妻のお宅へご挨拶を兼ねて訪問。そこは山と緑に囲まれた日本の原風景のような景色に包まれていて、隣と超接近している我が家から見れば、なんとも羨ましいロケーションだった。本来人が住む場所とは、便利さだけの都会の息苦しい場所ではなく、こういう地であるべきなのだろう。

会食時の続きのようにひとしきり話が弾んだ後、名残り惜しい気持ちを抱えて空港へと向かう。途中、再び津久見ICで降りて、今度はもう一つのお伊勢参りの場所である津久見港のつくみん公園へ。

・・・・・・・

ちょうど地元のお祭りのようなイベントをやっていて賑わっていたが、私の目指す地はそこではない。その喧騒の外にある、伊勢正三の名曲「海岸通」のモチーフとなった海辺に最も近い道路である。果たしてその海岸通りにはほとんど人影は見えなかったから、すぐに歌の世界観に入って行けた。目に入った桟橋の船は保戸島への小型船だけで、歌に出て来るような大型のフェリーの姿は無かったけど。

♫あなたが船を選んだのは 私への思いやりだったのでしょうか〜

桟橋の横にある埠頭の先端まで歩いて、お約束の「海岸通」をスマホから二度流しながらしみじみ感じ入った。

♫夜明けの海が悲しいことを あなたから教えられた海岸通〜

思ったよりも整備されていて、決してひなびた港という感じではない。だけどこの場所を心象風景にして正やんが「海岸通」を作ったのだと思えば感慨もひとしおである。やはり来て良かった。

♫まるで昨日と同じ海に波を残して あなたを乗せた船が 小さくなってゆく〜

・・・・・・・


最後の晩餐は空港にある寿司屋。回転寿司で食べ損ねた関アジもあり、これで豊後の海の幸はコンプリート‼️ 帰りの飛行機が約1時間遅れたので、お土産を買ったりカボスケーキを食べたりして時間を潰した。

振り返れば、大分での3日間は景色、温泉、人に恵まれたとても良い旅となった。今生と言わず、また是非訪れたい。ただし、次はレンタカーをアップグレードして‼️ (^^)

おしまい


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger