FC2ブログ

不躾

店長が公休日だった今朝、開店前に店の電話が鳴った。この時間帯の電話はスタッフの遅刻や欠勤に関わる連絡が多いので嫌な予感がしたけど、案の定、高校生バイトのK子からだった。

「寝坊したので少し遅れます」
「そうですか。で、あとどれくらいで来れる?」
「わかりません」
( … はあ?)「いや、今から支度してここまで来れる時間だよ?」
「わかりません」

自分が遅れる時間も言えないなんて随分と無責任で失礼な話だなと思ったが、開店前の慌しさもあって電話を切った。おそらく彼女はこれまでの遅刻電話で他のスタッフから到着時間を訊かれた事なんてなかったのだろう。

・・・・・・・

果たしてK子が来たのは、何とその2時間後であった。ちなみに彼女の自宅は店から15分の所にあると同級生のバイト嬢から聞いていた。

今さらスタッフへの管理指導などをする立場にはない私でも、さすがにこれは看過できず、事務室で彼女に訊いた。

「電話から2時間というのは少し遅れるレベルを超えてますよ。どうして?」
「… 起きたのが自宅じゃなかったから」
( … はああ?)「それはあくまであなたの都合であって、こちらが預かり知る事じゃないです。あなたはまず契約時間迄に来る事が仕事ですから」
「… 」
「奉仕活動ならいざ知らず、お金を貰うって事は、その仕事に責任を持つという事ですよ。ましてお店はチームプレーでやってるから、あなたの仕事のみならず、それをカバーしたスタッフの仕事も滞ってしまうんですよ」

ここに至っても彼女の口から「すみません」の一言も出ない。過去の彼女の挙動から予想はついたが、改めて驚きだった。

「今後はこういう事のないよう自己管理をしっかりしてくださいね」
「… はい」

来た時と同じ解いたままのロングヘアーでフロアに出ようとするから、

「他のスタッフにはお詫びをしてね。あ、それと髪の毛は束ねて」
「… 」

… こんな按配だと、こちらの真意は彼女に毛頭伝わっていないな。

・・・・・・・

この一件で彼女のワースケは当初7時間(うち休憩1時間)だったものが、休憩込み5時間となったため、就業規定により休憩時間は取れなくなった。にも関わらず、この日の責任者である社員2号(正社員は店長=1号と彼の2人だけ)は休憩時間をそのままにしていた。これでは実働4時間になってしまうじゃないか。

それに気付いた私が指摘すると「昼ごはん抜きは可哀想だから」などと言うから「ならばもう1時間延長するかどうするか、彼女に訊いてよ」ホントに社員かよ、こいつ。

結局、時間は伸ばしたくないと言う彼女の要望でそのまま休憩無しの勤務継続となった。当然でしょ。

そして彼女の終業時間がやって来て、私の目の前の事務室でタイムカードを押し、これも想像通りだったが、無言で更衣室へと消えて行き、やがて他のスタッフにも一切挨拶なしに帰って行った。挨拶なしも今に始まった事じゃなし。

・・・・・・・

K子の勤務態度などはこれまでも度々問題になり、当初の週3回勤務契約が2回になり、最後は1回になった。それでも出たり出なかったりで、いい加減に再契約は無しにすりゃいいものを、パワハラ怖しの店長はそれも告げられなかったのだった。

「躾」を礼儀作法の形とすれば、彼女の言動は躾が為されていない「不躾」そのものだ。他の同級生バイト嬢達もキッチリしているとは言い難いものの、少なくとも彼女よりも基本的な躾は為されている。同級生曰く「K子は彼氏とモメると学校にも出て来なくなる」との事。そんなメンタルなら早晩フラれるかもなんて笑ってもいた。バイトよりデートなんだよね。

まあ、それを差し引いても時間も守れず、挨拶も出来ずの彼女、これまでまともな躾を受けて来なかったのはミエミエで、掛け値なしに彼女の親の顔を見てみたいわ。

きっと親にもマトモに怒られた事のないだろう彼女にとって、思ってもみなかった相手に説教(?)されてメンタルに響き、このまま来なくなろうものなら悪いがこちらとしては思うツボ。それもいいけど、そうなると彼女は近い将来、就職先などでも同じ事を繰り返し、やがて見放され惨めな顛末を辿る事も予想される。それ以前に就職すら覚束ないかもしれないが。

直すなら言ってくれてる今なんだけどね。言われているうちが華、言われなくなったらお終いなんだよ。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger