FC2ブログ

平成てんやわんや

何につけても平成最後の平成最後のとマスコミも騒がしいが、元号なんて人類、いや日本人が勝手に拵えた時間の呼び名であって、世界規模や果ては宇宙規模の時間の流れにゃ全く関係ないといささか斜に構えているのは私だけではあるまい。

ま、それでも平成最後の日がたまたま公休日となり、いやでもそれを意識しつつものんびりと過ごしているのだが、このところ仕事の方ではやたらドタバタ続きである。

・・・・・・・

一つは、一時沈静化したものの、またも蠢き始めた万引き。その手口や狙われた商品から、決して一時の気の迷いや出来心なんかではなく、明らかにビジネスライクの「窃盗」である。

特に化粧品や薬品は棚や品物の変動がわかるよう、前出しの徹底や陳列数量を固定しているから、不自然に減っているとすぐに察しが付く。

先々週末はその化粧品がターゲットに。空箱やカード陳列の高級品ではなく、実物陳列をしている普及品レベルのファンデーションなどを根こそぎ。防犯カメラ映像を確認すると明らかに大陸系の人間で、黒っぽい空の大型手提げ紙袋を持って入って来る。今から思えばそれだけで十分怪しいのだが、その後入って来たやはり大陸系の女とグルでやっていた。

その男はウチだけでなく近隣の他店にも出没したらしい。別の日なのに服装も紙袋も全く一緒というのがヤツの所業がルーティン化している事を晒していたから、これはまたウチにも来るなと思わせた。それにしてもコイツらの「根こそぎ」というやり口はホントに怒り倍増である。

果たしてそれは的中した。

今度はその一週間後、私の終業時間の1時間後に男は単独でやって来た。防犯カメラで確認すると、服装もほぼ同じ、大型の手提げ紙袋も全く同じだった。悪い事にはヤツの入店時、店長はたまたま入口横のフロア什器が倒れたのを修復中で目視していなかった。ヤツは店内を物色しどこかへ電話をした後、やおらコンドームを鷲掴みして10種類50個ほどを紙袋に入れて去って行った。

・・・・・・・

万引きはこれで終わらなかった。

ある中国人男性客が私にスマホの写真を見せながらその風邪薬の有無を訊いて来た。よくある事なので、その場所を案内した。しばらくしてまた別の写真を見せて訊いて来たのでまた案内した。

それからしばらくして売り場巡回をしたところ、ふとシミソバカス用医薬品のPB品がコーナーエンドと定番棚から丸ごと消えているのが見えた。おかしいと思い、在庫確認したら大小5つ6つ足りない。おまけに最初に案内した風邪薬も5つほど消えていた。

防犯カメラ映像を確認したら、犯人は私に訊いて来たヤツそのものだった。普通、万引き犯は顔や姿を覚えられることを恐れてスタッフとの接触を避けるものだが、ヤツは笑顔で「ありがとうございます」なんてカタコト日本語で言ってもいたのだ。これでは疑いようもあるまい。

こんな手口もアリだと言うなら、もはやお客さんからいっときも目を離せなくなる。とはいえ、とてもじゃないがそれができる人員体制ではないのはどのドラッグストアでも同じだろうが、本気で防止するならひとえに人員を増やすほか手立てはない。まあ、完全無人レジ店舗にでもなればそれも無くなるだろうけど、それこそいつになるやら。

・・・・・・・

二つめは、今年初めから店長が代わり、前店長よりも若い店長(正式には副店長)が赴任して早や4ヶ月が経とうとしている。前店長は一見ノホホンとしているように見えて、実は色々と細かな気遣いで仕事をこなすタイプだったが、新店長は見るからにいっぱいいっぱいでとても仕事ぶりを認められて事実上の店長職に抜擢されたとは思えないタイプ。早々とベテランパートスタッフ達からもダメ出しされている。

スタッフに店長に次ぐ2番手社員のSさん(正社員は店長とSさんの二人のみ)がいる。新旧店長よりもかなり年上にもかかわらず、前店長からは何かにつけてダメ出しされていたのだが、面白いもので今度は新店長がスタッフからダメ出しされているので、いつの間にやら相対的にSさんは頼れる存在となっていたのだった。

そのSさんが来月から異動になった。

どうやら異動先の社員の退職による玉突き人事の一環らしいが、Sさんがウチの店に来たのはまだ1年半前なので私とそれほど変わらない。そして彼の自宅からは今より遠い店舗となるのも異動あるあるだった。

代わりに赴任して来るHさんは見るからにオッサン顔で、何とウチの親会社のドラッグストアで10年、そこから24時間営業などで話題のドラッグストアへ転職して数年してウチへと来たと言う。しかも配属された店舗でわずか半年勤務後の異動だそうだ。

この業界に限らず、いわゆるキャリアアップとの一つとして収入アップを目指して動くというのはあり得る話だが、彼の辿ったルートなら2社目までで十分なゴールのはず。そこから敢えて収入ダウンとなるウチへの転職は、それとは別の理由があると想像される。また、前店勤務からわずか半年で異動となった事もワケあり臭プンプン… 。

もちろん、人を見かけや憶測で判断してはならないから、彼には大いなる期待を寄せておきたい。

・・・・・・・

そんなこんなで、ここへ来てまさに平成てんやわんやである。

退位(正しくは譲位)される天皇陛下は昭和8年生まれで、私の両親の一年下の昭和ヒトケタ真っ只中世代である。

昭和天皇の昭和という時代の負の遺産と向き合われ、その重圧を日々一身に背負いながらの被災地訪問や慰霊の旅を踏まえた公務は、想像以上に過酷な日々だったのだろうと察する。

退位礼正殿の儀で退位が正式に確定されるようだが、明日からは文字通り重荷を下ろされ、心身共に穏やかな日常を迎えて欲しい。天皇皇后両陛下の願って来た国民の安寧はあまねく国民に十分過ぎるほど伝わったし、今度は国民が両陛下に安寧の日々を過ごして頂きたいと切に願っている。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger